ここから本文です

『ぼくのおじさん』ポスター、ボサボサ頭の“おじさん”とサラサラヘアーの“ぼく”の対照的な姿が

リアルサウンド 7/9(土) 6:00配信

 11月3日に公開される松田龍平主演映画『ぼくのおじさん』より、ティザーポスターが公開された。

 本作は、『夜と霧の隅で』『揄家の人びと』などを生み出した作家・北杜夫の同名書籍を映画化した人間ドラマ。兄の家に居候している“おじさん”が、一目惚れした美女を追いかけて甥の春山雪男(=ぼく)とともにハワイを訪れる模様を描く。

 メガホンを取ったのは、『天然コケッコー』『味園ユニバース』の山下敦弘監督。親戚の家に居候し万年床で暮らすおじさん役を松田龍平、同居しながらおじさんを見守る小学4年生の甥っ子・雪男役を大西利空、おじさんが一目惚れするヒロイン・稲葉エリー役を真木よう子がそれぞれ演じるほか、戸田恵梨香、宮藤官九郎、寺島しのぶ、戸次重幸、キムラ緑子、銀粉蝶らが脇を固める。

 和田誠が描いた原作書影と同一の構図になっているティザーポスターには、“ホントに困った人だけど、みんな、ぼくのおじさんが大好きです。”というコピーとともに、インテリながら何事もだらしないボサボサ頭の“おじさん”と、整ったサラサラヘアーのしっかりものの“ぼく”の対照的なコンビが捉えられている。なお、ティザーポスターは、7月9日より順次劇場にて掲載される。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/9(土) 6:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。