ここから本文です

“スーペル・デポル”支えた40歳、ついに引退「幸せなサッカー生活だった」

フットボールチャンネル 7/9(土) 8:20配信

 現地7日に現役引退を発表したデポルティボ・ラ・コルーニャのマヌエル・パブロは、自身の現役生活を「幸せだった」と振り返っている。8日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 1998/99シーズンから18シーズンをデポルティボで過ごした40歳のDFは「チームメイト、家族、デポルティボのスタッフ、ファン、成長を見守ってくれた故郷ラス・パルマスの人々に感謝したい」と述べ、「常にチームのためのプレーヤーでいようと心掛けた。手に入れたもの全てに幸せを感じている」と続けた。

 レアル・マドリー、バルセロナといったビッグクラブを相手に回し、1990年代後半から、2000年代前半にかけてリーガエスパニョーラを席巻した”スーペルデポル”不動の右サイドバックとして活躍したパブロは、リーガ制覇1回、国王杯1回、スペインスーパーカップ2回のタイトルを獲得している。

 栄光の陰で、2度の2部降格も経験したパブロは2013/14シーズンの2度目の昇格が、その過程の困難さ故に「最も誇らしい瞬間だった」とコメントしている。

 デポルティボで公式戦482試合に出場した大ベテランは、デポルティボのチームスタッフとして第二の人生を歩み出す。

フットボールチャンネル

最終更新:7/9(土) 8:38

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。