ここから本文です

関ジャニ∞丸山隆平の魅力は“二面性”にありーー舞台『マクベス』で見せた新境地

リアルサウンド 7/9(土) 6:10配信

 世界で最も偉大な劇作家のひとりであるシェイクスピア。彼の作品の中で『ハムレット』、『オセロー』、『リア王』と並んで“四大悲劇”と言われているのが、『マクベス』である。勇敢でありつつも小心者の将軍・マクベスが、妻と共に主君・ダンカン王を暗殺し王の座に就く。しかし、暗殺したという事実の重圧に耐え切れず錯乱し、暴政を行なってしまう。貪欲だった妻も罪悪感から病になり、マクベス自身も貴族や王子たちの復讐に倒れてしまう。『マクベス』は、こんな悲しいストーリーだ。しかし多くの人々を魅了し続けており、これまでオペラ・映画・舞台など様々な形で表現されてきた。そして現在、東京グローブ座にて、関ジャニ∞ 丸山隆平主演のもと『マクベス』の舞台が上演されている。

 丸山にとって、2012年の『BOB』以来、4年ぶりの舞台となる『マクベス』は、彼の俳優キャリアにおいても大きな挑戦といえるだろう。関ジャニ∞の中でも底抜けに明るく、ボケやギャグを連発している丸山。世間的にも「明るくて面白い人」という印象が強い。演技の面でも、『世にも奇妙な物語 2013年 春の特別編「石油が出た」』(フジテレビ系)、『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)といった作品でのひょうきんな役柄や、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(テレビ朝日系)、『泣くな、はらちゃん』(日本テレビ系)といった作品でのヘタレキャラがハマり役のイメージだ。『マクベス』のような、本格的な悲劇とはなかなか結びつかないのではないだろうか。

 しかし、蓋を開けてみれば見事なマクベス王を演じていた。細かな心情の移り変わりを見事に表現しながらも、丸山の持ち味も活かされていたように感じた。なぜ明るいイメージの彼が、これほどまでに役をモノにすることができたのだろう。もちろん、厳しい稽古をしっかり積んできたこともあると思うが、丸山自身とマクベス王にはもともと、深い部分で共通する部分もあったのではないか。例えば、マクベス王の勇猛果敢に見えて実は小心者である性格と、丸山の普段は底抜けに明るいが実は繊細でやや内向的な性格には、二面性という意味で通じるところが見出せる。

 だからこそ、単にマクベス王というキャラクターを台本通りに演じるだけではなく、丸山隆平という味付けがしっかりできているのだろう。例えば、冒頭のシーン。戦いが終わり、戦友であるバンクォーとじゃれあう姿や、ダンカン王に褒められて嬉しそうにしている笑顔などは、普段の丸山を彷彿させる。一方で、ダンカン王を暗殺する際、愛する妻に尻を叩かれるも、忠誠心や恐怖心が拭い切れない様子や、疑心暗鬼から暴政を働き、次々と罪を犯して狂気に落ちていく様子には、丸山自身が心の闇を開放している印象も受ける。丸山ほどの売れっ子アイドルともなれば、マクベスと同じように激しい重圧を感じ、ときには疑心暗鬼に陥ったこともあったかもしれない。その演技の行間には、彼がこれまで歩んできただろう、決して楽ではない道のりが見え隠れしているように思えるのだ。

 開幕に向けたコメントで、「マクベスの悲しき生きざまを、全身全霊で観客の皆さまに届けたいと思います。」(出典:シアターガイド/丸山隆平主演×鈴木裕美演出『マクベス』が上演決定)と語っていた丸山。“丸山のマクベス”は、しっかりと観客の心に届いているのではないだろうか。

高橋梓

最終更新:7/9(土) 6:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。