ここから本文です

サッカー界の偉人・ペレの足跡。貧しき少年はいかにしてキングになったのか

フットボールチャンネル 7/9(土) 9:00配信

 W杯を三度制したブラジルの英雄、ペレ。彼がプレーしている姿、特に若い頃を知っている人は日本では少ないのではないだろうか。貧しい家庭に生まれた少年は、いかにしてサッカーの王様になるべく階段を登り始めたのか。7月8日に封切りとなった『ペレ 伝説の誕生』では少年時代からW杯初出場まで、若き日のペレが描かれている。(文:ミカミカンタ)

“生きる伝説”ペレを描いた映画

 フットボールチャンネルを見る人は当然サッカーファンだろう。ならば「キング」と聞いて誰を思い浮かべるだろうか?

 サッカー専門サイトでベン・E・キングは反則だ。キング・カズだろうか? もしかしたら最近サッカーファンになった若い人の中には知らない人がいるかもしれないので一応書いておくが、キング・カズという尊称の由来となったのはペレである。
 
 今回採り上げるのは日本のキングではなく、本家本元の方のキングだ。キング・ペレこと、エジソン・アランテス・ド・ナシメント。

 そのペレの映画『ペレ 伝説の誕生』が7月8日に封切りとなった。先に結論を言ってしまおう。サッカーファンなら絶対に観て損はない。なんせ実話なのだ。生きたまま伝説となってしまったペレの少年時代から1958年のW杯スウェーデン大会初出場までを描いた伝記映画。

 伝記モノというとたいていは退屈か賞賛のオンパレード(だから退屈なのだが)が常だがこの映画は違う。ペレ自身がとんでもなくすごい選手なのだから忠実にその歴史をたどれば自ずと賞賛することにはなるが、この映画の大半はそうではない。

 前半はまるで『スタンド・バイ・ミー』のようだ。

 冒頭に書いたベン・E・キングの曲がこれ以上ないくらいにマッチしていたあの名作映画。そういえば原作はもうひとりのキング、スティーヴン・キングだった。『ペレ 伝説の誕生』の前半部分はサッカーにおける『スタンド・バイ・ミー』だ! と私なんかが断言しても始まらないが、後半に入ると様相が変わってくる。

1/3ページ

最終更新:7/9(土) 9:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。