ここから本文です

嵐 二宮和也はなぜ人々を魅了する? “無邪気な少年”は“繊細な表現者”へ

リアルサウンド 7/9(土) 7:00配信

 嵐の二宮和也は、共演者から好かれることで有名だ。ドラマや映画、バラエティ番組での共演者が男女問わず次々と二宮に惚れ込んでいく。抜群のスタイルでもなければ、圧倒的なカリスマ性があるわけでもない。しかし一度共演した者は、口を揃えて二宮を高く評価するのである。

 俳優界では昨年、映画『母と暮せば』で監督を務めた山田洋次、親子役で共演した吉永小百合らが二宮を評価したことが記憶に新しい。特に吉永は日刊スポーツ(2015年12月17日)の取材で二宮の演技について「天才」と評し、「本当に礼儀正しいし、爽やか。ビックリしました。こんな青年がいたらいいなあと思うような人。(休憩時には)けん玉で遊んだり、ひょうきんで、みんなを和ませるんです」と明かしていた。

 バラエティ界でも、その礼儀正しさはお墨付き。共演者には必ず丁寧に挨拶をするというエピソードは、お笑い芸人をはじめ、様々な共演者たちにより多く語られてきた。ただしこれは、二宮に限らず嵐のメンバー全員に共通することでもある。しかし、二宮は自分が参加していない嵐のロケに出演した共演者に対してもお礼を言うほどの徹底ぶり。そのような姿勢こそが二宮が共演者たちから尊敬され、愛される要因なのだ。

 俳優、タレント活動への評価とともに、二宮の音楽人としてのセンスについても評価の声を聞く。嵐には各メンバーのソロ曲が存在するが、二宮は自身のソロ曲の作詞や作曲を多く手がけているのだ。そして、二宮の曲は恋愛や家族をテーマにしたものがほとんど。好意を寄せる相手への素直な思いや、恋人同士の日常を表現するリアルな描写には説得力があり、感情移入するリスナーも多い。女性目線で言葉が紡がれた「虹」はファンの間でも人気の高い一曲で、コンサートではピアノで弾き語りを披露することも。二宮の歌声には温かさと切なさがあり、シンプルな伴奏でこそ魅力が伝わってくる。二宮自身が手がけるソロ曲には、彼の繊細な人柄がよく表れている。

 日頃のバラエティ番組では、ゲームが好きでインドアな一面や、メンバーにいたずらを仕掛けたり、いち早く共演者のボケにツッコミを入れる姿をよく見かける。そんな無邪気で少年のような表情を持ち合わせながらも、二宮は年齢とともに内面やスキルに磨きをかけた魅力的な男性として存在する。演技の才覚があり、礼儀正しく、感性豊か。そのようなポテンシャルが多くの人々を魅了するのだろう。

 早くも、今年も半年が過ぎてしまった。夏休みシーズンから年末にかけて、ますます精力的な活動が続くであろう嵐のメンバーたち。これからもファンはもちろんのこと、彼らと関わったすべての人を魅了していくに違いない。

竹上尋子

最終更新:7/9(土) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。