ここから本文です

お金で幸せが買えるのは自分らしい買い物をしたときだけ

ライフハッカー[日本版] 7/9(土) 22:10配信

お金というものは、幸福の必須条件ではないにしても、役に立ってくれることは確かです。最近の研究で、大切なのはありのままの自分に忠実であることだ、ということが示されています。

その研究とは、ケンブリッジ大学のSandra C. Matz氏がPsychological Science誌に発表したものです。7万6千件以上に及ぶデータを集めた結果、物やサービスを買うことで人が幸福を得られるのは、その購買行動が自分のパーソナリティに合致している場合のみであることが判明したのです。

さらに同研究では、パーソナリティに合致した購買行動のほうが、総支出額や収入よりも幸福度に対して強いつながりをもつこともわかりました。つまり、消費する金額や収入額よりも、正しいお金の使い方をすることが大切なのです。

ここで言う正しい使い方とは、嘘偽りのない自己表現として購買行動をするということです。流れに身を任せて品物を買っても、満足感は長続きしないでしょう。

Money Buys Happiness When Spending Fits Our Personality | Psychological Science via Greater Good Science Center

Patrick Allan(原文/訳:コニャック)
Photo credit: Benjamin Forrest via Visual hunt / CC BY

最終更新:7/9(土) 22:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。