ここから本文です

ウェールズ指揮官、2018年W杯後に退任へ「ロシアが最後の大会になる」

フットボールチャンネル 7/9(土) 9:40配信

 ウェールズ代表監督のクリス・コールマンは2018年のロシアW杯後に退任の意向を示している。8日、英紙『デイリー・メイル』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 「結果がどうであろうと、ロシアW杯が最後の大会になる。7年はとても長い時間だ。W杯に向かってベストを尽くすし、この立場にいる間は他のことは考えない」と退任の意向と同時に、2年後のW杯での躍進に全力を尽くす姿勢を見せた。

 コールマン監督はウェールズ代表を1958年のW杯以来の主要国際大会出場に導き、ベスト4にまで進出した。

 また、今年の5月には2年間の契約延長にもサインをしていた。

 EUROでは見事な戦いぶりを見せたウェールズ。コールマン監督にとっては2年後のロシアが最後の大仕事になりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/9(土) 17:39

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)