ここから本文です

アーセナル移籍決定の“ジャガー”浅野 鹿島相手に才能を証明する2ゴール!

Football ZONE web 7/9(土) 22:33配信

視察した手倉森監督にも強烈なアピール

 リオデジャネイロ五輪を前にアーセナルへの移籍が決まったサンフレッチェ広島の日本代表FW浅野拓磨が、Jリーグの舞台で自らの存在価値を示した。Jリーグ・セカンドステージ第2節の鹿島アントラーズ戦に先発フル出場。試合こそ2-4で敗戦したものの、移籍発表後初となるゴールなど、2得点を挙げて存在感を見せた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 浅野は3日にプレミアリーグ有数の強豪であるアーセナルのへの移籍加入が正式に決まった。アーセン・ベンゲル監督が「タクマは潜在能力を持つ若手ストライカーで、将来に向けて非常にマッチした人材だ」と語るなど、将来性を買われた移籍となった。

 その潜在能力を見せつけたのは、MF遠藤康、日本代表FW金崎夢生の得点で0-2とされた後半9分だった。MF丸谷拓也の縦パスに反応すると、素早い動き出しからワンタッチで合わせて今季3ゴール目を決めた。

 その後、試合はファーストステージ王者の鹿島が試合巧者ぶりを見せて1-4と試合を決定づけたが、イングランドに旅立つ“ジャガー”は最後まで試合を捨てなかった。同37分にはMF宮吉拓実のパスを受けて、この日2ゴール目をマークした。

 この日の試合は、リオ五輪日本代表監督の手倉森誠監督が見守った。浅野にとっては自らのストロングポイントを指し示す一撃となり、逆境のなかでも最後まで戦った浅野の姿勢は、指揮官の目にも強く焼きついたはずだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/9(土) 22:33

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。