ここから本文です

イカルディのお騒がせ妻、TV出演でアトレティコからのオファーを暴露

フットボールチャンネル 7/9(土) 19:40配信

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのエースFWマウロ・イカルディに国外から移籍オファーがあったことが判明した。8日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 イカルディの妻であり代理人も務めるワンダ・ナラ氏が、アルゼンチンのトーク番組『インファマ』にゲストとして出演し、「アトレティコ・マドリーがマウロにオファーを提示した」とスペインの名門から獲得の打診を受けたことを明かした。

 しかし「今はインテルでキャプテンを務めており、クラブが彼をとても大事にしている。そして私たちが望んだ条件で契約を更新したことから、退団は考え難い」と今夏のうちに移籍する可能性が低いことを説明した。

 ワンダ・ナラ氏の話によれば、同選手に関心を示しているクラブは他にもあるようだ。それでも怒るディはアトレティコのディエゴ・シメオネ監督と懇意にしており、特別な関係にあるようだ。

「たくさんのオファーを受け取っているから、私はクラブ幹部と話をしているの。マウロとチョロ(シメオネ監督の愛称)は何度か会っているから、彼らがその話をしたのは間違いないはずよ。最後に会ったのは飛行機の中だったけど、そこではサッカーの話はしなかった」

 母国でもインテルでも将来が期待されているイカルディ。妻が手綱を放さなければ、移籍の誘惑を断ち切ることができそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/9(土) 19:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。