ここから本文です

清武のライバルに!? 伊代表MF、セビージャ移籍の可能性認める

フットボールチャンネル 7/9(土) 21:13配信

 セビージャに加入した日本代表MF清武弘嗣に、さっそく強力なライバルの到来が迫っている。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が新たな獲得候補の名前を報じた。

 アルゼンチン出身のホルヘ・サンパオリ監督就任が決まっているセビージャは、指揮官の同胞でありながらイタリア代表を選んだMFフランコ・バスケス獲得に迫っている。同選手はセリエAのパレルモに所属しているが、スペイン移籍の可能性を認めた。

「セビージャ? 話があるのは知っている。重要なクラブだし、加入できればうれしいね。でも契約するまではあらゆることが起こる。まだ何も言えないよ。パレルモが行かせてくれることを期待して、適切なオファーを待っている」

 F・バスケスは昨季8回も監督交代を行ったパレルモで8ゴール6アシストと安定した活躍を披露。相棒だったパウロ・ディバラが去った後のチームを支えた。アルゼンチン生まれながらイタリア代表招集経験を持つ27歳だ。

 トップ下を主戦場にしており、攻撃面で得点力とゲームメイクの両方を期待できるだけに、セビージャ加入が実現すれば清武とポジションを争うことになる。エベル・バネガのインテル移籍で空いた司令塔の座をめぐる争いは一層激しさを増しそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/9(土) 21:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。