ここから本文です

セレブであることの「不都合な点」とは

Forbes JAPAN 7/9(土) 11:00配信

セレブリティ―でいることには、相当の利点がある。お金、ファンだという人たちからの大げさな称賛、名声が開いてくれるいくつものドア──。



著名人たちの大半が、自分たちが情熱を持てることをしているというのは事実だ。だが同時に、彼らには大きな「不都合な点」もある。それは、彼らが抜きん出ているほどに大きくなる不都合だ。

以下に示すのは、熟達したエンターテイナーであることの悪影響を挙げたリストだ。かっこ内に示したのは、大成功を収めた有名人のエージェントやマネージャー165人のうち、この項目が大きな懸念事項だと答えた人の割合を表す。

・ プライバシーの欠如(77.6%)
・ 過度の批判にさらされること(70.3%)
・ 成功はいつでも消えてなくなるという恐怖と不安(66.7%)
・ メディアが報じるうそに対応すること(57.0%)
・ 家族や友人に利用されること(41.8%)
・ 何らかの業務のために採用した人たちに利用されること(37.0%)
・ 犯罪被害(27.9%)
・ 普通の日常生活との決別(24.8%)
・ ストーカー被害(13.9%)
・ 何かになりすましている人のような感覚に伴う不安(12.7%)

これらの結果や割合は、タレントとエージェントに関する一般的な話としてみておくべきものだ。もちろん、熟達したエンターテイナーたちが抱える懸念は、その人たちの置かれた状況によって異なる。

だが、いずれにしても、これらの問題に建設的に対応できるかどうかはセレブ自身の、そしてその人を支援するネットワークを作る人たちの心のあり方の問題だ。

不安は避けられない──

調査対象のうち10人中9人以上は、クライアント(成功したエンターテイナーたち)が上記のような不安の多くに対応するのを日常的に助けていると答えた。特に、プライバシーがないことや全てが一瞬のうちに消えるかもしれないとの不安と向き合うなど、精神的な問題に対応することが多いという。より戦術的な解決策については、それに対応する別の専門家たちがいる。

1/2ページ

最終更新:7/9(土) 11:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。