ここから本文です

岡崎のレスター、クラブレコードの移籍金でFWムサを獲得! 今夏4人目の積極補強

SOCCER DIGEST Web 7/9(土) 10:01配信

「僕にとってファミリーのようだからレスターへ」

 7月8日、岡崎慎司の所属するレスターは、CSKAモスクワからナイジェリア代表FWのアーメド・ムサを4年契約で獲得したことを発表した。
 
 移籍金は公表されていないが、イギリス『BBC』によれば約1600万ポンド(約20億8000万円)で、これはクラブレコードの金額となるという。
 
 なお、ムサの獲得はレスターにとって、ロン=ロベルト・ツィーラー(←ハノーファー)、ルイス・エルナンデス(←スポルティング・ヒホン)、ナンパリス・メンディ(←ニース)に続き、今夏4人目の補強となる。
 
 ムサはクラブの公式サイトを通じ「僕にとってベストのクラブの一つで、とても幸せに思っている。プレミアリーグ有数のクラブで、まるでファミリーのようだからレスターに加わったんだ。とても興奮している」と移籍の理由を明かした。
 
 昨シーズン、ロシアリーグで30試合出場13ゴールと結果を残したムサは、スピードと高いテクニックを兼ね備え、果敢に仕掛けることが売りのストライカーで、岡崎にとってポジション争いのライバルになるはずだ。
 
 2012年1月から1年間、本田圭祐ともチームメートだったムサはウイングとしても機能するだけにクラウディオ・ラニエリ監督が起用法には注目する必要がありそうだ。
 

最終更新:7/9(土) 10:01

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。