ここから本文です

内田篤人が渡欧。9月の最終予選は「間に合えば行きます」

SOCCER DIGEST Web 7/9(土) 15:24配信

痛めている右膝の状態は「ちょっとずつ良くはなっている」。

 
 シャルケの日本代表DF・内田篤人が7月9日、新シーズンに向けて成田空港からドイツへ出発した。

【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

 前日8日に古巣・鹿島でのリハビリを打ち上げた内田は、一部の対人練習ができるまで回復。「急にポンとはチームに入れない」と復帰時期は未定だが、痛めている右膝の状態は「ちょっとずつ良くはなっているので、もう少しかなと思います」と快方に向かっていると語った。
 
 15年4月に始まったリハビリ生活は、すでに1年3か月が経過。現在28歳の内田は「年齢的に大事な1年を逃した」と悔しさを滲ませたが、一方で「このまま終われないなという想いも強い」と闘志も燃やしている。日本が誇る右SBの完全復活に期待だ。空港での囲み取材のコメントは以下のとおり。
 
―――◆―――◆―――◆―――
 
――どのような思いでこの1年を過ごしましたか?
 
 難しい怪我なので、時間がかかるのは分かっていましたけど、少し光が見えてきたので。あと少しかなと。
 
――サッカーと向き合えましたか?
 
 歳も歳なんで。年齢的に大事な1年を逃したなという想いは強いですね。
 
――リハビリを耐えられた原動力は?
 
 こういう辛い時期に出会う仲間もいましたし、このまま終われないなという想いも強いです。取り戻すイメージはあります。
 
――結婚が影響している?
 
 あまり影響はないです。あまり一緒に暮らしていないですからね。しっかり働かないとなとは思いますけど。
 
――チームに戻ってからもリハビリですか?

 急にポンとはチームに入れないとは思うので、少しずつ作り上げるのかなと。タイミングを見て、チームに合流すると思っています。

――復帰の目処は?

 あと1、2か月と思ってから1年ぐらいかかっているので……。辛かったですね。
 
――来季はどのようなシーズンに?
 
 怪我なく、ちゃんと終えたいなと。しっかり戦える選手になりたいなと思います。
 
――来季は宇佐美選手や浅野選手も海外へ出ます。
 
 海外に行った選手全員が成功するわけじゃない。帰ってくる選手もいるし。やりたいところでサッカーができれば、それはその人のためなのかなと思います。簡単ではないですけどね。

1/3ページ

最終更新:7/9(土) 15:26

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。