ここから本文です

【J1採点&寸評】浦和×柏|決定機8対6の撃ち合い、阿部が決勝FK弾! 柏の若きCBコンビは粗さはあったが可能性を示す

SOCCER DIGEST Web 7/9(土) 23:02配信

浦和は7試合ぶりの無失点。時間が経つにつれ、遠藤がクリスティアーノを封じ込める。

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
槙野を出場停止で欠くなか、決定機は作られていたものの、7試合ぶりの無失点に抑える。8度の決定機を作り、阿部のFK弾と李のボレーで2ゴール。一方、ゴールには絡んだものの、宇賀神と李が精彩を欠いたのは気になる。次戦は中3日でアウェー仙台戦。指揮官はどのような判断を下すか。

【浦和 2-0 柏 PHOTO】阿部の芸術FK弾と李の技ありループ、秋野のクロスバー直撃弾…見どころに溢れた激闘

柏 5.5
6度の決定機を作り、オフサイドをとられた中谷の幻のゴールもあった。1点決めていれば流れは変わっていたかもしれない……。ただ、終盤は全体のバランスが崩れ、反撃態勢を築けなかった点は課題だ。中谷&中山の若いCBコンビは、大きな可能性を示した一方、多くの課題も露呈。それはむしろ「収穫」かもしれない。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
D・オリヴェイラのシュートがポストに当たり、そのまま西川のところ“戻って”きた。ホームのゴールにも助けられ無失点に抑える。サイドからの崩しに苦労したが、身体を張ってボールを止め続けた。

DF
46 森脇良太 6
守備重視で攻撃の芽を潰しながら、ダイアゴナルに切り裂くキックでチャンスを作った。左ストッパー起用は、計算できる選択肢のひとつになったか。

4 那須大亮 6
ゴールの“門”をしっかり閉じて、中央からの打開を許さなかった。カウンターやサイドアタックからヒヤッとする場面もあったが、気迫のこもった守備で凌ぎ切った。
 
6 遠藤 航 6.5
右ストッパーでフル出場。対峙したクリスティアーノには時間が経つにつれて対応力が増し、後半はほぼ完璧に抑え込む。途中出場のドゥドゥにもなにもさせなかった。

MF
3 宇賀神友弥  5.5(78分OUT)
先制点を奪ったあと、プレー全体が慎重かつ消極的になった。李の2点目につながる起点のパスを放つなど要所で仕事をしたものの、その後も1対1の守備やパスで危ういミスが目立った。
 
10 柏木陽介 6
立ち上がりから精度の高いキックを連発。浦和の先制点は、「柏木が蹴るだろう」と相手GKに予測させたことで、阿部のゴールを“アシスト”。ボールの収まりどころとして、最後まで機能した。

1/4ページ

最終更新:7/10(日) 7:28

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。