ここから本文です

阿部の芸術FK弾&李の技ありボレーで浦和が4連勝! 7試合ぶり無失点勝利

SOCCER DIGEST Web 7/9(土) 21:16配信

阿部の今シーズン初ゴールで先制点。

[J1・第2ステージ2節]浦和 2-0 柏 7月9日/埼玉

 浦和が第2ステージ2連勝、リーグ4連勝を飾った。

【浦和 2-0 柏 PHOTO】阿部の芸術FK弾と李の技ありループ、秋野のクロスバー直撃弾…見どころに溢れた激闘



 試合は立ち上がりから互角の展開。きめ細かいパスワークでチャンスを作る柏に対して、浦和も関根の縦への仕掛けやセットプレーからチャンスを掴む。

 均衡が破れたのは32分。浦和はペナルティエリア左でFKを得ると、これを阿部が壁越しの鋭い弧を描くシュートで、ゴール左隅に直接叩き込んだ。阿部の今季初ゴールとなる芸術的なFK弾で浦和が先制する。

 柏は36分、秋野が放ったミドルシュートがクロスバーを叩くなど、惜しい場面を作るものの1点が遠い。

 逆に浦和はペースを掴んだ後半立ち上がりのチャンスを活かす。50分、李が興梠とのワンツーから、浮き球を左足のダイレクトボレーで合わせると、これが緩やかな放物線を描き、柏のゴールネットを揺らした。浦和がリードを広げる。

 結局、浦和が2点のリードを守り切り、7試合ぶりのクリーンシートで勝利。浦和は年間順位で3位、第2ステージでは首位と同じ勝点6の4位につけている。


 

最終更新:7/10(日) 7:32

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。