ここから本文です

大好きなカレーを毎日食べるために 3泊5日でクアラルンプールへ飛んだ!

CREA WEB 7/9(土) 12:01配信

 マレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国、マレーシア。実はこの国、知る人ぞ知る美食の国なのです。そこでこの連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。多様な文化が融け合い、食べた人みんなを笑顔にする、とっておきのマレーシアごはんに出会えますよ。

マレーシア人は、ほぼ毎日カレーを食べている

 日本でカレーの匂いがぷわ~んとすると、マレーシアに行きたいな~と思う。それぐらいマレーシアは、町のいたるところでカレーの香りがしている国。

 多民族が暮らすマレーシアは、人口の約7%をインド系民族が占めています。彼らのいつもの食卓にあるのが、カレー。ここはインドか!?  と思うぐらい本格料理を提供する店がたくさんあり、しかも値段がとてもお安い。

 さらに、マレーシアで独自の発展を遂げたカレーも美味ぞろい。中国系は、コクのある濃厚カレー麺に仕立て、マレー系は、毎日食べるココナッツミルクご飯のおかずにカレーを抜擢。常夏という環境もカレーファンを増加させ、今やマレーシアでは、“カレーを食べにいく”という感覚ではなく、“気づけばカレーを食べていた”というぐらい、カレーが日常食になっています。

 そんなことを考えていたら、もういてもたってもいられません。カレーを食べに、クアラルンプールに行ってきました! 

バナナの葉っぱの上でくり広げられるカレーたちの饗宴

 まず向かったのは、クアラルンプール郊外の住宅街「ペタリン・ジャヤ」。ここに、インド系民族が経営する店「ラジュ/RAJU」があります。

 テーブルの上に並んだのは、日本でもじわじわ人気が出ている南インド料理。高級インド米に豆・魚・鶏の3種のカレーをかける「バナナリーフカレー」。「マサラ・トーサイ」は、鉄板で焼いたクレープ状の生地の中に、カレー味のじゃがいもがぎっしり。また、特製スパイスに漬けこんだ魚や肉は、注文が入ってから油で揚げ、熱々で提供。

 これにココナッツジュースをつけても4人で90リンギット(約2,500円)というから、くぅ~たまらん。エアコンが無く、たまたま扇風機のない席に座ってしまったのでサウナ状態でしたが、それ以外は完璧! 

RAJU RESTAURANT
所在地 No 27, Jalan Chantek,5/13, 46000 Petaling Jaya, Selangor
電話番号 03-7956-1361

1/3ページ

最終更新:7/9(土) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。