ここから本文です

日韓合作『ひと夏のファンタジア』で注目 岩瀬亮は“第二のD・フジオカ”になるか?

CREA WEB 7/9(土) 12:01配信

 韓国でインディーズ映画として異例の大ヒットを記録した『ひと夏のファンタジア』に主演した岩瀬亮。劇中で2役を演じ分け、韓国映画界に新風を巻き起こしている彼は“第二のディーン・フジオカ”か? それとも、“第二の堺雅人”か? 

自主映画から舞台へ

――岩瀬さんは早稲田大学の出身ということですが、在学中は演劇サークルなどに入られていたのでしょうか? 

 いいえ。大学の4年のときに、友だち数人と映画サークルを作りました。子供の頃から、映画雑誌を読んでいて、といっても「ロードショー」と「スクリーン」くらいしかなかったのですが、そのころから映画が好きということがあって、自分で撮りたかったんです。ただ、ほかにも撮りたい人がいたので手伝いをしているうちに、出演者として作品に出るようになりました。そういう機会が増えるうちに、演じることの方が楽しくなっちゃって、今に至る感じです。

――大学卒業後には、舞台を中心に活躍されますが、その経緯を教えてください。

 大学を卒業しても、特に就職はせず、2年ぐらい友だちの作る自主映画にちょくちょく出ながら、アルバイトをしていました。そのときに、知り合いの紹介で演劇をやっている人に出会って、舞台に出るようになりました。あの頃は舞台について何も知らない状態だったので、自分の中で特に映像との違いみたいなことを感じないまま、やっていましたね。それで「やっぱり演技って面白いな」と思うようになって、それがひとつの転機となり、舞台での活動にシフトチェンジしました。それで2回目か、3回目ぐらいで、劇団ポツドールの舞台に出させてもらったんですが、これは自分にとって衝撃的な体験でした。俳優って、こんなにやらなきゃいけないことがたくさんあって、こんなに楽しいものかと! 

――その後、『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也監督と出会い、彼の自主映画に出演されますよね。

 真利子監督は、その僕が出ていたポツドールの舞台を観に来ていて、それきっかけで彼の大学院の修了制作だった『イエローキッド』に呼んでくれたんです。そのときに出会った人たちと今でも関係が続いて仕事をしたり、とても繋がっている感じがするので、転機になった作品は『イエローキッド』といえるかもしれません。今回『ディストラクション・ベイビーズ』でもキャバクラの運転手役で呼んでくれたのですが、とても嬉しかったですね。

1/4ページ

最終更新:7/9(土) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。