ここから本文です

夏の美肌キープに食べよう!ズッキーニ

東京ウォーカー 7/10(日) 7:00配信

外見はきゅうりに似ているが、かぼちゃの仲間。欧米では昔からおなじみの野菜で、日本に入ってきたのは、1970年代と比較的最近のこと。初夏から夏にかけて旬を迎える。きゅうりのような色、形のものが一般的だが、黒や黄色、丸い形状もある。

【写真を見る】へたと先端を切り落とせば、あとは料理に合わせた切り方でOK

栄養としては、かぼちゃ同様にβ-カロテンが多く、皮膚や粘膜を強くし、美肌や疲労回復に効果的なビタミンCも含まれるので、まさに夏の美肌キープに積極的に食べたい食材だ。また、余分な水分を体外へ排出するのを促すカリウムも含むので、むくみ予防にも◎。

購入するときは、へたの切り口が新しく、太さが均一で表面に傷がなく、色が鮮やかなものを選ぼう。育ち過ぎて太く大きくなったものは、味が落ちるので注意を。

【切り方】かたいへたは約5mm下で切り落とし、先端も薄く切り落とす。あとは、料理に合わせて食べやすい大きさに切ればOK。

【生のまま保存する場合】まるのままラップでぴっちりと包み、野菜室で保存。味が落ちるので、2~3日中には食べるようにしたい。

【冷凍保存する場合】薄い半月切りにして塩適量をふり、約5分おく。水けを絞り、冷凍用保存袋に入れて平らにし、冷凍室で約1カ月保存可能。解凍してそのまま食べても、凍ったまま加熱調理してもOK。

刺し身用サーモンと生のまま合わせてカルパッチョに、肉巻きの中身に、など料理法は自由自在。冷凍保存もできるので時短調理にも役立つこと間違いなし! ズッキーニを上手にたっぷり食べて、夏を元気に過ごそう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/10(日) 22:48

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。