ここから本文です

冷やしてつるん!「えびとれんこんの冷やし餃子」

東京ウォーカー 7/10(日) 10:00配信

みんな大好き餃子は、家族の週末や仲間の集まりに好感度100%のイチオシメニュー。とはいえ、数種類の野菜を刻んだり、包んだりするのがちょっと面倒だったり、うまく焼けるか心配なことも…。そんなときは、少ない材料でゆでるだけの「えびとれんこんの冷やし餃子」を作ってみては? ゆでたあとは氷水で冷やし、2種類のタレでつるんといただく。匂いもないので、翌日を気にせず食べられるのも嬉しい。合わせる副菜は、定番素材がソースでよそ行きになった「焼きなすのエスニックおひたし」や「帆立のサルサソース」をどうぞ。汁ものは、夏らしくエスニックな「トマトとにらのスープ」か「キャベツと豆腐のエスニックスープ」を添えて。(栄養士・三澤友貴子)

【写真を見る】新提案の焼きなすの食べ方。「焼きなすのエスニックおひたし」

【主菜】えびとれんこんの冷やし餃子(1人分275kcal、塩分2.7g)

<材料・2人分>あん(むきえび100g・卵黄1個分・れんこん小1/4節(約40g)・片栗粉小さじ2・酒小さじ1・塩小さじ1/4)、餃子の皮12枚、レモンだれ(レモン汁大さじ1・しょうゆ大さじ1/2)、さんしょうだれ(粉ざんしょう少々・ごま油大さじ1・塩小さじ1/3)、粉ざんしょう少々

<作り方> (1)あんを作る。えびは包丁で細かくたたく。れんこんは粗みじん切りにする。ともにボウルに入れ、ほかのあんの材料も加えてよく混ぜる。(2)餃子の皮1枚にあん1/12量をのせ、皮の縁に水をぬる。半分に折ってひだを寄せて包み、しっかり口を閉じる。残りも同様に包む。(3)沸騰した湯に2を3~4個ずつ入れる。餃子が浮き上がってから1~2分ゆで、氷水にとって冷やす。(4)氷水を入れた器に盛り、好みで香菜(シャンツァイ)を5mm幅に切ってのせる。たれの材料をそれぞれ混ぜ合わせて添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/10(日) 10:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。