ここから本文です

冷やしてもおいしい!夏野菜おでん

東京ウォーカー 7/10(日) 16:01配信

とうもろこしの美味しい季節がやってきた! いつもの食べ方を変えて、夏野菜のおでんに加えてみてはいかが? ほかにもこれから旬を迎えるとうがんが入り、暑さに疲れた体にやさしく染みわたるメニュー。アツアツでも、冷たく冷やしてもおいしくいただけるひと皿だ。

【写真を見る】とうもろこしは、新鮮なものほど糖度が高い

【夏のおでん】(1人分372kcal、塩分4.1g)

<材料・2人分>ソーセージ4本、厚揚げ1枚、とうもろこし1本、とうがん1/8個、ししとうがらし8本、だし汁3カップ、うす口しょうゆ大さじ2、練りがらし適宜、塩

<作り方>(1)とうもろこしは5cm幅の輪切りにする。とうがんは皮を薄くむいて一口大に切る。ししとうはへたを落とす。厚揚げは4等分する。(2)鍋にだし汁、うす口しょうゆと塩少々を合わせ、とうもろこし、とうがん、厚揚げを入れて煮立たせる。5分ほど煮たらソーセージを加え、さらに15分ほど煮る。(3)ししとうを加え、2分ほど煮て塩少々で味をととのえる。器に盛ってからしを添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/10(日) 16:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。