ここから本文です

あなたの収入増加を阻む7つの悪癖

ライフハッカー[日本版] 7/10(日) 12:10配信

Inc.:誰もが物質主義というわけではありませんが、収入が増えるのは良いことだと思わない人は多分いないはずです。厳しくバジェットを設定して、出費を抑え、貯金する額を増やせば、長期的には個人資産の増え方は最大になるかもしれませんが、このような戦略は収入額の変動に比べると他愛のないものです。ほかのことはすべて同じという条件なら、収入を増やすことができれば生活はずっと楽になります。

ほとんどの人はこのことに気づいていますが、ある原則を無視して収入を増やす可能性を殺している人があまりにも多すぎます。その例として、あなたの収入額を頑なに限定してしまう7つの悪癖をご紹介しましょう。

1.交渉しない

どんなことでも交渉は可能です。交渉したからといって必ずしも欲しいものが手に入るわけではありませんが、欲しいと主張しなければ手に入らないのは確かです。給料交渉について考えてみましょう。ほとんどの社員に提示される最初のオファーは雇い主が払ってもいいと思う上限額ではありません。自分のスキルや経験に自信があり、自分の大まかな価値を調べたのなら、給料をもっと高くして欲しいと頼んでいけない理由はありません。それをしたところで、起こりうる最悪の事態としては、会社側がNOと言って代案を提示してくることです。それですら、交渉しなければ得られなかったものです。私は大学で「交渉101」というクラスを受講しました。そこで学んだことで私の心に残っていることが1つあります。それは、最初のオファーは受諾してはいけない、せめて「もう少し何とかなりませんか」くらいは言うように、ということです。これは私が今までもらったベストなアドバイスです。

2.自分自身に投資しない

有名投資家のWarren Buffet氏によれば、「あなた自身が間違いなくあなたの持っている最大の資産です」。株式、不動産、そのほかの物質的所有物に投資するのもいいですが、ベストな投資は自分自身に投資することです。あなた自身がお金を稼がなければならない能力であり、人生の選択をする立場にあります。今以上の知識やスキルを身に着け、健康を大切にして、経験を増やすことで自分の武器を整えれば、将来の雇い主はあなたの価値を高く評価するでしょう。そうなると、あなたはより重大な判断を任せられるようになり、究極的には、もっとたくさんお金が稼げるようになります。

1/3ページ

最終更新:7/10(日) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。