ここから本文です

「月9の主題歌を歌える」檜舞台を殺したのはジャニーズ帝国だったのか!? システマタイズされた月9ドラマ主題歌枠

サイゾー 7/10(日) 15:00配信 (有料記事)

――前回の記事ではテレビビジネスとしての月9の内情を探ってきたが、本項では“アーティストとしてのステータス”とも言われた月9の主題歌抜擢事情、音楽ビジネスの観点からの月9を掘り下げていきたい。たとえ視聴率が低迷しても、果たしてそこにはまだ“チャンス”が潜んでいるのだろうか?

 小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」、CHAGE and ASKA「SAY YES」、米米CLUB「君がいるだけで」──これらの楽曲の共通点は、ミリオンセラーに輝いたことと、90年代を代表する月9の主題歌ということである。

 当時の月9は軒並み高視聴率を記録し、30%を超えることも珍しくなく、主題歌も当然かのように売れた。よって、ドラマ・プロデューサーは、その作品に見合う一流のアーティストに主題歌を依頼することができ、小田和正やCHAGE and ASKAといった大御所であっても、ドラマの内容に合わせ、最初に完成した歌詞から書き直してもらうことさえも可能だったという。つまり、当時はドラマ側とアーティスト側で非常に建設的なやりとりができていた。結果的にドラマの内容とリンクした主題歌は、その時代のカラオケブームも後押しし、“月9の主題歌に起用“という一種のブランドが出来上がった。しかし、近年はどうだろうか? 低視聴率にあえぐ月9は、たとえドラマの内容がネットで話題になっても、誰が主題歌を歌っているかなど、誰も気に留めている印象がない。月9と主題歌の関係は一心同体だったのに、いつから両者には乖離が生じてしまったのか? 本稿では“音楽ビジネスとしての月9”の内側を探っていく。本文:5,657文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7/10(日) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。