ここから本文です

【貧困女子】全部さみしさのせい!? リストカット、無職…整形女子の恋愛依存貧困

Suits-woman.jp 7/10(日) 10:00配信

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回お話を伺ったのは、大沢香織さん(仮名・37歳)。彼女は地方国立大学卒業後、元大手旅行代理店で正社員として勤務していました。しかし今は無職に近い状態。実家からの仕送り2万円と、週3で通っている友達のバーの手伝いの収入が月7万円程度、足りない分は貯金を食いつぶしているとか。

彼女の腕には無数のリストカット跡。袖口から赤茶けた線が何本も見えています。身長は160cm程度でほっそり体型。服は真夏日にも関わらずタートルネックの長袖カットソーにロングのデニムスカート。いずれも量産品のようです。トートバッグはプリントが有名なイタリアブランドの模造品。

顔立ちは美人の部類に入り、目がかなりぱっちりしていて、タレントの紗栄子さんにどこか似ています。顔と表情の変化をよく見ると、何かギクシャクしている感じがあり、不思議なアンバランスさが彼女を妖艶に見せています。おそらく、目を美容整形しているのでしょう。ぷっくりした唇にメンソールのタバコをはさみ、当然のように火をつけて、おいしそうに吸っています。

「今、ホントにお金がなくって。ちょっと貸してほしいくらいなんです(笑)。東京で暮らすには家賃、光熱費、食費、交際費など最低でも25万円は必要じゃないですか。私、もう実家の関西には帰りたくないんですよね。どうしても東京で自由に暮らしたい。これからどうすればいいんでしょうか。ここ1週間くらい食パンしか食べていないし」

そう言いながらも2本目のタバコに火をつける香織さん。彼女の転職経験は、新卒採用時から15年間で8回。就職氷河期女子の典型的なジョブホッパー(転職を繰り返す人)だと自虐的に笑います。

「私たちが採用された時代は、企業は“採用してやってるんだ”的な感じでしたから、仕事内容が超ブラックなところが大半だったんじゃないかな。私が勤務していた旅行代理店は先輩たちも疲弊していて、仕事を私たちに覚えさせたりフォローしたりする余裕がなかった。だから、お客さんからもクレームがガンガン入っていましたよ。それに、仕事内容も超ブラック。私は法人営業だったのですが、ビルの上から飛び込み営業して名刺を配ったり、1日60件ノルマでテレアポをさせられたりして、最初の1年は地獄でした。それでも手取りの給料は14万円。アホかって話ですよ。年間で億近くのノルマが課せられていたので、親戚にもツアーを売ったりして……。でも、仕事ってそんなもんかな~と思っていたので、ガマンしていました。でも、同期の半数近くがメンタルをやられて辞めていきましたね」

1/2ページ

最終更新:7/10(日) 10:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。