ここから本文です

【再読】橋本マナミ 一字一句が彼女の本音

MEN’S+ 7/10(日) 21:00配信

【02 中学生日誌】子どもから大人のマナミへの成熟

“本当の自分探しはじめた、いわば思春期!?” 
 
 小学校を卒業し、子どもから大人への準備となる中学時代からはどうだったのでしょうか。 
 
「13歳の頃に、オスカーという芸能事務所に入ったんです。実は芸能の仕事は、早くからしていたんです。中学から高校時代はそれまでのような内気な自分が嫌で、そこから抜け出そうと必死に自分を探っていましたので。でも、やり方がわからなかった…。どうしたら抜け出せるのかわからないまま、一生懸命もがいていた自分を記憶しています」 
  
 感受性が強い分、周囲の人の気持ちがわかり過ぎるのでしょう。自分が前にでたら、人がどのような気持ちになるのか? 幼少期からのいわば鍛錬とも言える習慣からでしょうか、マイナス面ばかり見える子だったのかもしれません。 
 
「オスカーという事務所はモデル部門と芸能部門がありまして、私はずっと芸能部に在籍させていただいたんです。ありがたいことに、当時は大きなお仕事やCM等たくさんのチャンスをいただきました。ほんと感謝しています。2003年16歳のときには、大河ドラマ『武蔵 MUSASHI 』に千姫役で出演させていただいたりもしたんです。いい役ですよね。でも…、いい演技ができませんでした~。グラビアという仕事の分野を、意識し始めましたのもその頃です。でも、最初はそれもうまく表現ができなかった…。太っちゃったりしたのもあって(笑)…。自分を見せるのが、すごく嫌な時期でもありましたねぇ。オスカーにいた頃は、まだ自分が確立できていなくて、自分の出し方を全然わからなかったです。プロとしてしごと与えられた仕事をこなさないといけないのに、『やらされてる感』みたいなものが自分の中にすごくあって、やる気はあるのにやり方がわからない。まさに空回りみたいな…。せっかくのチャンスを生かし切れていなかったんですね、ほんと『申し訳ありませんです』という言葉しか見つかりません」

【橋本マナミの真面目すぎるセクシー画像】

メンズ・プラス編集部

最終更新:7/10(日) 21:00

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。