ここから本文です

SMAP 中居正広の司会に感じる“温かさ” 今夏も大舞台で活躍へ

リアルサウンド 7/10(日) 7:00配信

 この夏はSMAPの中居正広が大忙しだ。7月15日の『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)の特番に始まり、16日には『音楽の日』(TBS系)で計12時間にも及ぶ長丁場の司会。その翌週の23日には、リレー方式ではあるがMCとして『FNS27時間テレビフェスティバル』(フジテレビ系)に出演。そして8月7日~21日には『TBSリオオリンピック2016』(TBS系)のメインキャスターを担うことになった。

 オリンピックのメインキャスターに就任するのは、今回で夏季・冬季合わせて7大会連続のこと。2004年から12年にわたってこの大役を務めてきた中居こそ、芸能界におけるトップアスリートと呼べる活躍ぶりだ。

 今大会では「感謝」をテーマに、トップアスリートたちが胸に秘めている「感謝の気持ち」や、支えてきた人たちの活躍にスポットライトを当てるとのこと。番組HPには中居から「これまでとはまた違った視点で、オリンピックが楽しめると思います」との意気込みが寄せられている。

 中居が名司会者と呼ばれるようになって久しいが、今年は特にその評価が上がっているように思う。レギュラー番組『Momm!!』(TBS系)では、世代を越えて多くの視聴者からの悩みに回答している。

 中高年が新入社員とのジェネレーションギャップに悩んだときの対処法。子供が反抗期を迎えたときのコミュニケーションの取り方。媚びを売る同僚との付き合い方…など。しかし、どの場面においても、中居のスタンスは一定だ。

 「なんでそう思うんだろう」と問いかけ、周りの意見に耳を傾ける。どんなに自分の意見と異なる場合も「そうだね」、「なるほどね」と 一旦受け止める。そして、自分の意見はとても静かに、決して押し付けることなく伝えるのだ。

 あるときは、計算高く生きる人について「そういう子を見ていると心配になる。友達はいるのかな。何かあったときに、手を差し伸べてくれる人はいるのかなって」という言葉を発していた。この発言こそ、中居が司会を務めている番組が、温かい理由なのかもしれない。“何かあったら自分が手を差し伸べよう”というスタンスで、番組を進行しているのだ。それが、ベテランの芸能人であっても、トークになれない素人であっても、アスリートであっても同じ。だからこそ、誰もが中居と共演すると、彼の仕事ぶりに感動せずにはいられないのだろう。

 差し伸べるということは、自分自身がピンチに陥っていては実現できない。だからこそ、中居は常に一歩先を見据えて物事の本質を捉えているのだ。7月6日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)では、オセロの世界王者と一局勝負することに。通常、素人相手には1枚も残さず圧勝するという王者に、3枚残させるという快挙を成し遂げた。これも、先を読む力があってこそかもしれない。

 自分の思いをそのまま発信するのではなく、相手の出方を見て、行動を決めていく。組織で動く上では、そうした全体視点と本質を掴み、判断する力のあるリーダーが求められている。中居を「理想の上司」と挙げる人が多くいるのもうなずける話だ。

 そんな中居が司会を務める『音楽の日』だが、出演者の発表が遅れていることに不安の声が上がっている。一部報道では、SMAP5人でのライブが難航しているのではという見解も。だが、中居なら、いや中居だからこそ、どんな難しい局面も打破してくれると期待してしまう。ファンの気持ちを汲みとってくれると信じて待とう。そして、どうか多くを背負った中居が、この夏を元気に駆け抜けられることを願うばかりだ。

佐藤結衣

最終更新:7/10(日) 7:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。