ここから本文です

「1年以上残ってほしい」 ユーベの英雄が134億円でマンU移籍浮上のポグバに残留のススメ

Football ZONE web 7/10(日) 7:48配信

デルピエロ氏がユベントス10番の移籍問題に言及

 元イタリア代表FWアレッサンドロ・デルピエロ氏が、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍問題に揺れるフランス代表MFポール・ポグバの移籍問題に言及。「少なくとも、あと1年は残留してほしい」とユベントスのレジェンドは語った。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ユベントスで背番号10を背負うポグバのもとに、古巣ユナイテッドからフットボール界最高額となる移籍金1億2000万ユーロ(約134億円)、年俸1300万ユーロ(約14億円)というメガオファーが届いているとレポートされている。フランスで開催中の欧州選手権(EURO)でも、レギュラーの一人として母国の決勝進出に貢献している。

 かつてユベントスでナンバー10を背負ったファンタジスタが、後輩ポグバついて語った。

「ポグバは偉大な選手。素晴らしい才能を持っているし、すでに見ている人すべてに証明している。何が起こるのか私には分からない。たくさんのことが話されているけど、ユベントスは少なくともあと1年以上は彼を残しておきたいだろうね」

「元ユベントスの選手としては…」

 ユナイテッドは12年にポグバを移籍金ゼロで手放したが、イタリアでワールドクラスの選手へ成長を遂げた23歳を連れ戻そうと必死になっている。ユベントスがポグバの残留を望んでいると語ったデルピエロだが、世界屈指の名門クラブであるユナイテッドからのオファーを断るのも難しいとの持論も明かした。

「ユナイテッドはとてつもなく大きなクラブだ。彼にとって、何がベストとなるかは難しい決断になる。イタリア人として、そして元ユベントスの選手としては、彼には少なくともあと1年以上残ってほしいと思うよ」

 ユベントスは放出を断固拒否し、クラブOBの英雄からも残留希望が届いた。今夏の移籍市場最大の目玉と目される男は、どのような結論を選択するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/10(日) 7:48

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。