ここから本文です

【36歳女の婚活奮闘記】No.21 去り際の言葉は「フォースと共にあれ!」??? 給料をグッズとコスプレに費やすスターウォーズ男

Suits-woman.jp 7/10(日) 13:00配信

こんにちは。PR会社に勤務しているまゆ子、36歳独身です。

婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は100人以上。先日、37歳目前にして破談になり、またしてもふりだしに戻ってしまいました。この年齢になると、お見合いを申し込まれる人数も激減。婚活ってこんなに険しい道のりだなんて、始めた当初は想像もしなかったわけで……途方に暮れる毎日。つくづく自分の魅力のなさに落ち込む日々……(涙)。

というわけで実生活ですごく落ち込んでいるので、正直過去のことを話す気力がないのですが(笑)。でもきっと私のような立場の人がたくさんいると思い、そしていつか私がこのお見合いヒストリーを笑いながら話せると信じて……、今回は34歳、49人目のお見合いストーリーをお話しましょう。

婚活を始めた30歳のころ、私は相手に求める条件を、「大学卒業」「大企業勤務」「年収500万円以上」「30代」「結婚歴なし」「できれば年上」「身長170cm以上」など、さまざまな項目をあげていました。でもそんな条件の男性に出会うなんて奇跡。私が求める男性は、いわゆる婚活市場に出る前にとっくに売り切れているわけです。

それでも32歳くらいまでは条件に妥協することなく、婚活を続けていました。それはごくたまに条件にあったいい案件があるから。ところが33歳にもなると、さっぱり申し込みが来なくなる……自分から申し込んでも振られることばかり。33歳の女を相手にする男性なんて、よっぽどじゃなきゃいないというわけ。つまり自分が身の程知らずということがはっきりわかってきました。

そこで徐々に条件を下げていくことになるのです。年齢が上がるにつれて条件を1~2つずつ下げ……34歳、私はついに「大学卒業」「大企業勤務」「30代」「結婚歴なし」の項目をなくすことにしたのです。

今回のOさんは、バツイチの38歳。子供はいないとのこと。見た目も昔なら選んでいないような、ややぽっちゃり体型ですが、見た目は優しそう。大学は卒業しているものの、あまり聞いたことがないような地方の大学でした。仕事はシステム関係で職場の規模も小さめ。趣味は映画鑑賞で特にスターウォーズが大好きとのこと。はっきり言ってそれほどぱっとしないプロフィールでしたが、ということはライバルも少ないかと思い、今回は自分から申し込んでみました。

お見合いOKの返事は、申し込んで3日後でした。正直すぐに来ると思っていたので、軽くショックを受けました。こんな人にも断られるのかな~と不安にもなりました。でもまあ引き受けてもらえてよかった!

1/3ページ

最終更新:7/10(日) 13:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。