ここから本文です

バルサ、脱税問題のメッシ”応援キャンペーン”実施で批判相次ぐ「自分自身を恥じるべき」

フットボールチャンネル 7/10(日) 8:15配信

 バルセロナに所属するFWリオネル・メッシは脱税問題の渦中にある。その同選手をサポートしようと、バルセロナがツイッターでハッシュタグ#WeAreAllLeoMessiで応援キャンペーンを行ったところ、多くのサポーターから批判の声が寄せられたようだ。9日に英紙『テレグラフ』が報じている。

 メッシと父親のホルヘ・メッシ氏は、2007年から2009年にかけて特に同選手の肖像権収入に絡む脱税目的でタックスヘイブン(租税回避地)に会社を設立。それにより、両者は420万ユーロ(約5億円)を脱税したとしてスペイン税務当局から告発されていた。そして先日、懲役21ヶ月の判決が下っている。

 同紙によると、バルセロナは「レオは一人ではないことを伝えたい。メンバー、サポーター、ファン、選手、メディア、我々はすべてを招待している」との声明を発表し、メッシを勇気づけようとキャンペーンを実施。背番号10を意味する”両手を広げたジェスチャー”の写真投稿も促している。

 しかし、ツイッターでは「私は税金を払っているし、他の選択肢はない。自分自身を恥じるべきだ。黙って罰則を受けよう」といった声や、「なぜ、こんな戯言がトレンドになっているのか」、「このハッシュタグは、間違ったことを言っている」など、期待とは裏腹に批判の声が相次いでいる。また、手錠をはめられた状態で両手を広げたジェスチャーの写真も投稿された。

フットボールチャンネル

最終更新:7/10(日) 8:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。