ここから本文です

「C・ロナウドはこの先10年プレーする」 ポルトガル監督がエースの勝利への飽くなき欲求を称賛

Football ZONE web 7/10(日) 11:21配信

サントス監督がC・ロナウドの代表引退説を笑顔で一蹴 「明日がラストマッチではない」

 ポルトガル代表を率いるフェルナンド・サントス監督は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)の代表引退に続き、同国のスターFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が今大会限りで代表から去るのではという懸念を一蹴。現在31歳のロナウドが、この先10年プレーを続けるだろうと語った。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 フランスとの欧州選手権(EURO)決勝を翌日に控え、サントス監督は記者会見に出席。ポルトガルにとって初のメジャータイトル獲得にあと1勝と迫ったなかで、エースの代表引退説を指揮官が否定した。

「彼はこの先、さらに6年、7年、10年とプレーを続けるだろう。私には分からない。でも、明日が彼のラストマッチではない」

 指揮官は笑顔でこう語った。サントス監督は2003年、スポルティング・リスボンでプレーしていたロナウドと2カ月間だけ時間をともにしていた。会見では当時のことも振り返りながら、現在は主将としてチームをまとめるロナウドについて語っている。

「私は13、14年前に、スポルティングで彼を指導していた。ただ、その時はあっという間だった。なぜなら、彼はあのスタジアム(スポルティングの本拠地エスタディオ・ジョゼ・アルバラーデ)で親善試合(対マンチェスター・ユナイテッド)をプレーした後にマンチェスターへ行き、そのまま戻ってくることはなかった。彼はその時から素晴らしかった。才能に溢れ、勝利を望んでいた。彼は強いメンタリティーを持ち、生まれながらの勝者だった。彼はベストを目指し、よりパーフェクトになりたいと思っているんだ」

「キャプテンとしての能力は際立っている」

 サントス監督とロナウドはポルトガル代表では14年以来、2年間共闘してきた。バロンドール4度の受賞を誇るロナウドだが、同じくバロンドール6度の受賞歴を持つメッシとともに、いまだ代表でのタイトルに縁はなく、そんな自分に対する怒りで震えているという。

「この2年間も、彼はもっと良くなりたいという思いを持っていた。物事が思いどおりに進まず、怒っていることもあった。我々のチームで、彼のキャプテンとしての能力は際立っている。みんなそれを理解している。それは彼の向上心がもたらした結果だろう」

 母国開催となった04年大会では決勝でギリシャに敗れ、無念の敗退となったポルトガル。絶対的エースのロナウドがけん引するチームは、12年前に取り逃した初の栄冠をつかむため、開催国フランスとの決勝に挑む。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/10(日) 11:21

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。