ここから本文です

「我々にはアグエロやスアレスが必要だ」 浅野の新天地アーセナルOBが一流FW獲得を要求

Football ZONE web 7/10(日) 12:08配信

タイトル奪還へ、パーラー氏が前線の補強の重要性を力説

 アーセナルは今オフにレスターシティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ獲得に動いたが、失敗に終わった。その後、広島の日本代表FW浅野拓磨の獲得を発表したが、クラブOBのレイ・パーラー氏は「セルヒオ・アグエロやルイス・スアレスが必要」と歴代のプレミアリーグ得点王の名を挙げ、ワールドクラスのストライカー獲得の必要性を説いている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

伊紙がFW10人の去就を大予想 あのビッグネームの新天地は?

 アーセナルのFW陣を支えるのは、巧みなポストプレーに持ち味があり今季16得点のフランス代表FWオリビエ・ジルーと、2列目からゴールに迫り13得点を挙げたチリ代表FWアレクシス・サンチェス。彼らに続く存在では、イングランド代表FWセオ・ウォルコットは放出の噂が絶えず、同FWダニー・ウェルベックは負傷が多く、安定した活躍を見せられていない。

 今夏の移籍市場では、昨季レスターで24得点を決めたプレミアリーグMVPのヴァーディに白羽の矢を立てたが、ヴァーディがレスターと契約延長を果たし、獲得は失敗に終わった。「ジャガー」の愛称を持つ浅野を獲得したものの、解説者として活躍するアーセナルOBのパーラー氏は、ワールドクラスのさらなる補強を要求している。

「ロメル・ルカクは話に出ている。我々はアントワーヌ・グリーズマンをアーセナルで見たいと思っている。彼らのようなクオリティーが必要だ」

「ジルーも素晴らしい活躍をしているが…」

 パーラー氏が最初に名前を挙げたのは、昨季エバートンでリーグ戦18得点を挙げ、チェルシー復帰も噂されるベルギー代表のルカクと、アトレチコ・マドリードで2季連続22得点という決定力を持つフランス代表のグリーズマン。ともに欧州選手権(EURO)でも活躍し、特にグリーズマンは6得点で得点ランク単独トップを走るなど、母国フランスを決勝に導く活躍を披露している。

 2003-04シーズン以来、リーグタイトルから遠ざかるアーセナルには、こうしたトップクラスのストライカーが必要だと、パーラー氏は断言している。

「アレクシス・サンチェスとメスト・エジルは常にチャンスを作り出している。オリビエ・ジルーも素晴らしい仕事をしている。いい選手だが、セルヒオ・アグエロやルイス・スアレスのような実力者が必要だ。彼らは数年前にスアレスを逃した。彼なら完璧にフィットし、リーグ獲得に貢献してくれただろう。このレベルの選手を獲得できれば、来季はリーグタイトルを争える」

 パーラー氏は「彼らに必要なのはロケット科学ではない。ストライカーが必要なんだ」と歴代のプレミアリーグ得点王の名前も挙げて、その必要性を強調している。その他にもドイツ代表DFペア・メルテザッカーが高齢となったセンターバック、チェコ代表MFトーマス・ロシツキーや前主将MFミケル・アルテタ、MFマテュー・フラミニといったベテラン勢がごっそりと抜けた中盤センターの補強も急務と語っている。

 “スピードスター”浅野の加入により、日本でもさらに注目度の増すアーセナル。しかし、13年ぶりのリーグ制覇に向けては改善すべき点が多く残されているとクラブOBは鋭い視線を向けていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/10(日) 12:08

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革