ここから本文です

Cロナ、悲願のVへ「僕も、仲間も、国民も信じている」

フットボールチャンネル 7/10(日) 11:40配信

 自身2度目のEURO決勝に挑む、ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドは、フランスの有利を認めつつも、勝利を堅く信じている。9日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ロナウドは「ホームで戦えることはフランスにとって大きなアドバンテージだ。国中が彼らを後押ししてくれる」と述べながらも、「我々を倒すのは簡単ではないだろう。大会が始まってから、我々に勝ったチームはないのだ。フランス戦でもそうあって欲しい」とコメントする。

 「こういう舞台は常に夢見ていることだ。代表でタイトルを獲れたらものすごい達成感だろう」と語るロナウド。「僕は信じている、仲間たちも信じている、ポルトガル国民も信じている、そしてフランスに住むポルトガル系の移民たちも、皆が勝利を信じているのだ」と勝利への強い気持ちを口にする。

 ウェールズ戦のゴールでミシェル・プラティニ氏が持つEURO最多ゴール数9点に並んだが、「もう過ぎたことだ。記録に追い回されたくない。記録とはやって来るものなのだ」と語り、「いい気分だが、自分はまだ若く、強い。だからこの調子で続けていくことに気を配りたい」と続ける。

 「ポジティブでいるべきだ。日曜日はポルトガルが主要大会を初めて制覇する日となるだろう」と語る31歳の絶対的エース。19歳だった2004年の決勝で流した悔し涙を、2016年には歓喜の涙へと変えることができるのだろうか。決戦の時が来た。

フットボールチャンネル

最終更新:7/10(日) 11:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。