ここから本文です

パスピエが見せた、ライブバンドとしての実力 UNISON SQUARE GARDENとの『印象E』レポート

リアルサウンド 7/10(日) 18:00配信

パスピエの自主企画『印象E』のファイナルが6月17日、東京・新木場スタジオコーストで行なわれた。2013年の『印象A』を皮切りに始まった『印象』シリーズは、彼らが様々なアーティストと対バン形式でライブを行なう人気企画。今年は6月13日の大阪公演でandropと、15日の名古屋公演でフジファブリックと共演し、この日はUNISON SQUARE GARDEN(以下、ユニゾン)を迎えての公演となった。

 一番手のUNISON SQUARE GARDENは斎藤宏介が開口一番「UNISON SQUARE GARDENです!」とMCをしてそのまま「マスターボリューム」でスタート。「kid,I like quartet」を挟んで3曲目で早くも「シュガーソングとビターステップ」を始めると、イントロが鳴った瞬間に観客も手拍子とジャンプで応え、彼らにとってもこの会場がホームであるかのようだ。その後も「ため息 shooting the MOON」「MR.アンディ」「harmonized finale」を披露すると、動き回る田淵智也のベース、パワフルなビートを叩く鈴木貴雄のドラム、斎藤のまくしたてるようなハイトーンボイスと切れ味鋭いギターが一丸となって突っ込んでくる。 

 ユニゾンとパスピエの関係は長く、特にベースの田淵と成田ハネダはユニゾンがメジャー・デビューをしたばかりの頃にサポート仕事で共演。その後互いのバンドでイベントに共演した際に再会し、2014年にはユニゾンの自主企画にパスピエが出演。今回晴れて『印象E』への出演が実現した。斎藤は「パスピエとは一緒にライブをやりたくないんですよ。だって、あの子たちすげー上手いじゃんか。ただ、そんなことを超えて呼んでもらったことが嬉しかったから、今日は運動量多めで楽しませてもらおうと思います!」とMC。7月に発売される新作からの「パンデミックサドンデス」と定番の「天国と地獄」で田淵のパフォーマンスも炸裂、鈴木のドラムソロでは大きな歓声が起きた。最後は「リニアブルーを聴きながら」と「ガリレオのショーケース」を連打して会場を盛り上げた。

 一方、パスピエにとって今回の『印象E』は、昨年末の武道館公演の模様を収録したDVD作品『Live at 武道館~GOKURAKU~』と2016年の第一弾シングル『ヨアケマエ』をリリースしてのライブツアー。熱量全開のステージに定評のあるユニゾンに合わせてか、昨年の武道館公演に比べて近い観客との距離を意識してか、この日は演出も照明のみのシンプルなものになっている。ライブは新曲「ヨアケマエ」でスタートすると、音源以上にパワフルなドラムのキックにつられて手拍子が発生。続く「七色の少年」がはじまる頃には、メンバーの顔に早くも笑みが浮かぶ。そう、久々の自主企画とあって、メンバーは序盤からいつになくリラックスした雰囲気だ。その後も三澤勝洸のギター・プレイが映える「YES/NO」で観客が歌詞を大合唱。「チャイナタウン」でフロアはますます熱狂していった。

 ここで一旦MC。成田がユニゾンについて「舞台袖で『パスピエぶっつぶすぞ!』って言ってたのに、ステージ上で(あのMCは)ずるいよ」と舞台裏を明かすと、続けて「こんなに素敵なツーマンはないと思います。今日はいい日ですよ」とコメント。すぐさま大胡田なつきが「成田さんがこんなMCするのって珍しい」とツッコんで笑いが起きる。「最後まで楽しんでいってください!」というMCで始まったのは、3rdアルバム『娑婆ラバ』収録のダンサブルなキラーチューン「つくり囃子」。ここでは重心の低いドラムを使ったやおたくやのビートや露崎義邦のタイトなベースラインに歓声が上がり、続く「トーキョーシティ・アンダーグラウンド」では成田のクラシックの素養を感じさせるシンセが高揚。「術中ハック」では三澤がダブルネックギターで高音域/低音域の2種類のソロをメタルマナーのバカテクで弾き倒す。「花」では豊かな表現力を感じさせる大胡田の歌が会場を包むなど、各メンバーの記名性の高い演奏や歌が次々に飛び出す雰囲気がいかにもパスピエらしい。特にこの日は楽曲を矢継ぎ早に演奏することで、ライブ全体に疾走感やグルーヴが生まれていたのが印象的だった。その後は7月に発売される両A面シングルから「永すぎた春」をライブ初披露。「裏の裏」では観客がコーラスを決め、「MATATABISTEP」では大胡田と観客が一緒にジャンプ! 〈同じ場所で待ってる/続きはまた今度〉という歌詞を持つ「トキノワ」で本編を締めくくった。

 アンコールではパスピエTシャツを着たラフな格好のメンバーが登場し、『わたし開花したわ』から5周年を記念した東名阪ホールツアーの開催を発表。続いて今回の『印象E』をもって『印象』シリーズを一旦休止することを発表すると、会場から「Zまでやれよ~」とヤジが飛ぶ。とはいえ、近年はライブのみで解禁していた顔出しを写真やMVでも徐々に進めるなど変化の時を迎えているパスピエにとっては、新たな場所に向かうための決断でもあるのだろう。『印象』シリーズ恒例のカバータイムでは、ユニゾンのライブの定番曲「場違いハミングバード」をカバー! ポストパンク色濃厚なダンスグルーヴとファジーな成田のシンセ、そして大胡田のキュートな歌声で原曲に新たな魅力を追加した、本家への愛情が感じられるアレンジ&選曲だ。そのまま突入した「S.S」ではやおのドラム、成田のキーボード、露崎のベース、三澤のギターがリレー形式でソロ・パートを披露。ライブ巧者としての魅力を見せつけてステージを終えた。

 この日印象的だったのは、パワフルな演奏力で観客と正面切って向かい合う、パスピエのライブバンドとしての実力。デビュー以降巧みに顔を隠してリスナーの想像力を掻き立ててきたユニークな活動方法や、クラシックの素養を感じさせる成田の特異な作曲能力、そして大胡田の独特の歌詞世界などが連想させる掴みどころのないイメージを残しつつも、今のパスピエはストレートなライブバンドとして見ても素晴らしい。そんな現在の5人ならではの魅力を感じるライブだった。

杉山仁

最終更新:7/10(日) 18:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。