ここから本文です

7季目のセリエAに挑むインテル長友 目標は3位以内も「優勝をすぐに諦めたくない」

Football ZONE web 7/10(日) 19:30配信

今季初のプレシーズンマッチを終えて伊メディアに語る

 現地時間9日に、オーストリア2部のヴァテンスと今季初のプレシーズンマッチを戦ったインテルは、0-0の引き分けに終わった。日本代表DF長友佑都は後半開始から試合終了までプレーし、試合後にイタリアメディアのインタビューに応じた。インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」が報じている。

伊紙がFW10人の去就を大予想 あのビッグネームの新天地は?

「今季の僕たちの目標は3位に入ること(UEFAチャンピオンズリーグ出場権)になると思うけど、僕はすぐにスクデット(リーグ優勝)を勝ち取ることを諦めたくないですね。それが、当たり前のようにすごく難しいと分かっていても、です」

 ユベントスが5連覇を果たしているリーグ戦で、優勝を視野に入れた状態でプレーしたいと語った。その上で、チームのノルマはCL出場権を得られる3位以内になると話している。インテルは昨季4位で今季はUEFAヨーロッパリーグに出場する。順位の上では1つ足りなかっただけだが、勝ち点差を見れば3位ローマとの差は13ポイントあった。優勝したユベントスとの差は24ポイントと、長友本人が語るとおり、決して簡単に埋められる差ではない。

 そして長友自身、この試合が後半からの出場だったように、今季も厳しいレギュラー争いに身を置くことを覚悟している。

「厳しい競争があるのは分かっている」

「個人的にはレギュラーポジションでプレーしたいと思っていますよ。サイドバックには良い選手が加入したし、昨シーズンのことを思い返しても厳しい競争があるのは分かっています。でも、これは僕の目標です。フィジカルコンディションはすごく良いと感じているので、メンタルの部分ももっと良い準備をしていきたいですね」

 長友は昨季終盤に契約延長を発表して、スッキリとした状態で新シーズンを戦い始めている。インテルは今後、プレシーズンの国際大会であるインターナショナル・チャンピオンズカップに参戦。今月はアメリカに遠征し、現地時間24日にパリ・サンジェルマン、30日にバイエルン・ミュンヘンと、フランス王者とドイツ王者との腕試しの機会が待っている。8月にはアイルランドで、かつて元日本代表MF中村俊輔が所属したスコットランドのセルティックとも対戦する。

 絶対王者ユベントスの連覇に待ったをかけ、そのピッチにレギュラーとして出場すること。長友は新シーズンの目標をそう語った。6月の日本代表での活動期間には、女優の平愛梨との交際宣言と「アモーレ」が大きな話題を呼んだが、イタリアで7シーズン目のスタートを切った長友が今季も全力でピッチを駆け抜けるはずだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/10(日) 19:30

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ