ここから本文です

レアル、モラタの転売はなし! チェルシーからの66億円オファーを拒否

フットボールチャンネル 7/10(日) 15:00配信

 レアル・マドリーは、スペイン代表FWアルバロ・モラタを今季のメンバーとしてチームに残留させることに決めたようだ。9日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

 マドリーは先月ユベントスに3000万ユーロ(約33億円)を支払ってモラタの買戻し権を行使した。当初からその目的は別のクラブへ転売して儲けるためだとみられてきたが、今ではその考えが変わったようである。

 プレミアリーグのクラブからモラタへ数多くの高額オファーが届いているにもかかわらず、マドリーはジネディーヌ・ジダン監督が率いる今季のメンバーへ同選手を加えることに決めたようだ。

 マドリーは、先日モラタに対してチェルシーから6000万ユーロ(約66億円)のオファーを受け取ったようだが、そのオファーには納得しなかったようである。そしてクラブは、モラタの将来について考え直し、移籍金を7500万ユーロ(約83億円)と評価し直したようだ。

 これによりモラタは正式にマドリーの選手としてチームに残ることになる。そして今季は同チームでFWカリム・ベンゼマとポジション争いをすることになるようだ。自身が育ち、愛するクラブへと戻って来たモラタ。これからのマドリーを背負って行くのは、まさにそのモラタとなるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/10(日) 15:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。