ここから本文です

ポグバ獲得へ執念を燃やすマンU 「移籍金134億円+マタ」の衝撃オファーを準備か

Football ZONE web 7/10(日) 22:50配信

モウリーニョ監督が冷遇するマタが交渉の切り札に?

 マンチェスター・ユナイテッドは、ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバの獲得に向けて、高額の移籍金に加えてジョゼ・モウリーニョ監督の構想外になると見られているスペイン代表MFフアン・マタを、交渉に加える可能性が浮上している。英紙「サンデー・ピープル」が報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 マタはチェルシーに所属していた2014年1月に、モウリーニョ監督から戦力外とされ、ユナイテッドに放出されていた。2012-13シーズンにはPFA年間最優秀選手賞も獲得したチームの要だったが、モウリーニョ監督は自身の要求するスタイルに合わないとして、容赦なく放出していた。

 2年半の時を経て、2人はマンチェスターの地で再開を果たすことになったが、マタには再び悲劇が訪れることになりそうだ。エバートンへの移籍も噂されたが、進展のないポグバの獲得交渉の取引の一部として、ユベントスへ放出される新たなプランが浮上している。

 ユナイテッドは、12年に移籍金ゼロで手放したポグバの獲得に、フットボール史上最高額となる移籍金1億2000万ユーロ(約134億円)、年俸1200万ユーロ(約14億円)を提示しているという。そして記事では、マタが交渉における最後の切り札となる可能性をレポートしている。

攻撃陣の補強を進めるユベントスだが…

 イタリア王者ユベントスも、UEFAチャンピオンズリーグ制覇に向けて攻撃陣の補強に余念がない。ローマからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチ、バルセロナと契約満了になったブラジル代表DFダニエウ・アウベスを獲得したのに続き、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスにも触手を伸ばしているという。しかし、サンチェス獲得はアーセナルの抵抗にあって難航している。そうした状況を知ったユナイテッドが、放出候補のマタを交渉のカードに加えたようだ。

 レアル・マドリードも注目するなど、この夏の移籍市場最大の話題となっているポグバ争奪戦だが、その本気度ではやはりユナイテッドが頭一つ抜けているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/10(日) 22:50

Football ZONE web