ここから本文です

ミラン、エースを一年で“赤字”放出か。プレミア移籍でクラブ間合意へ

フットボールチャンネル 7/10(日) 16:00配信

 ミランは昨季獲得したエースFWカルロス・バッカを一年で放出するようだ。10日、イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』が報じている。

 昨夏ヨーロッパリーグ王者セビージャからミランに移籍金3000万ユーロ(約33億円)で加入したバッカ。ミランは現在ウェスト・ハムと同選手移籍で交渉しており、移籍金2700万ユーロ+ボーナス300万ユーロで合意に至ったようだ。

 バッカは昨季セリエAで18ゴールを記録しミランのエースとしてチームを牽引していた。移籍金2700万ユーロということで、ミランとしては赤字移籍、ボーナスを含めて収支0の移籍となる。

 現在ミランはFWマリオ・バロテッリの買い取りも見送り、センターフォワードは新加入のセリエB得点王FWジャンルカ・ラパドゥーラとFWルイス・アドリアーノの2選手となっている。今後、中国資本の投入によってエースの穴を埋める補強を実現することはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/10(日) 16:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)