ここから本文です

ファーガソン氏、新生モウ・マンUに助言。“下部組織”重視を求める

フットボールチャンネル 7/10(日) 17:01配信

 マンチェスター・ユナイテッドの伝説であるサー・アレックス・ファーガソン氏がジョゼ・モウリーニョ新監督に対して助言した。10日、英紙『デイリー・メール』が報じている。

 ファーガソンはモウリーニョ監督に対して下部組織出身者を積極起用してほしいようだ。これまでユナイテッドは下部組織出身選手を先発メンバーに起用し3803試合を戦っており、同クラブの“自家製”選手を大切にする文化を新指揮官にも受け継いでほしいと願っている。

 近年ユナイテッドは大型補強を敢行しており、今夏も既にズラタン・イブラヒモビッチ、ヘンリク・ムヒタリアン、エリック・バイリーを獲得した。さらなる補強も噂されており、そのターゲットにはファーガソン氏時代に下部組織からユベントスへ移籍したポール・ポグバも含まれている。

 一方でモウリーニョ監督自身も下部組織を重要視する意向をアピールしており、先日「アカデミーから49選手をトップチームにデビューさせた」と発言した。ファンやメディアからは若手冷遇が心配されているモウリーニョ監督。その選手起用に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/10(日) 17:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。