ここから本文です

【J1採点&寸評】FC東京×甲府|堂々のJ1デビューを飾った室屋がMOM。先制点の森重も高評価に

SOCCER DIGEST Web 7/10(日) 8:00配信

FC東京――先制点の森重、攻守の安定感が光った室屋を最高点に。

[J1第2ステージ2節]FC東京2-0甲府/7月9日/味スタ
 


【チーム採点・寸評】
FC東京 6
ボールを支配しながら1点に止まったのは反省材料。前節の鳥栖戦で大逆転負けを喫していただけに、結果を得たのは救いだろう。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
47 秋元陽太 6
ゴールを脅かされる場面は少なく、ハイボール処理も比較的安定していた。終盤に相手のシュートがポストに跳ね返った流れからピンチを招いたが、懸命のセーブで処理した。
 
DF
MAN OF THE MATCH
6 室屋 成 6.5
攻守の切り替えや局面での判断に問題は見られず、J1デビュー戦とは思えないほど、堂々たるプレーを見せる。そのインパクトの大きさを踏まえてMOMとした。
 
3 森重真人 6.5(OUT 79分)
打点の高いヘッドで先制点を奪っただけでなく、正確なビルドアップも披露。守備に追われる場面が少なかったこともあり、攻撃面の能力がより際立った。
 
5 丸山祐市 6
力強い守備で最終ラインを下支え。相手の反撃を受けた後半は、的確な判断とカバーリングでピンチの芽を摘み取る。
 
2 徳永悠平 5.5
後半は背後への対応がおろそかになり、対峙した橋爪に突破を許す場面が散見。前後半でパフォーマンスに差が出ていた。
 
MF
7 米本拓司 6
鋭いボール奪取でカウンターの起点になるなど、積極的に攻撃へ関与。31分にはゴール前に駆け上がった室屋に正確なパスを通したが、惜しくもゴールには結びつかず。
 
37 橋本拳人 6
闘志漲るプレーは健在。中盤だけに止まらず、スペースを見つけては積極果敢に飛び出すプレーは好感が持てた。
 
17 河野広貴 6(OUT 64分)
CKから森重の先制点をアシスト。後半はやや息切れしてしまったが、果敢に仕掛けて敵に脅威を与えていた。
 
38 東 慶悟 5.5
バーンズやムリキとのパス交換を繰り返しながら攻撃をサポート。しかし、これといって特筆すべきプレーはなかった。

【FC東京1-0甲府PHOTO】森重のゴールでFC東京が勝利!室屋はJ1初出場

1/3ページ

最終更新:7/10(日) 8:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。