ここから本文です

【G大阪】GK東口が“ポロリ失点”の失態も、丹羽は「ヒガシがやらかす時は勝っている」

SOCCER DIGEST Web 7/10(日) 8:00配信

大失態を犯した守護神に声を掛けたのは――。「OK、OK。次、行こうぜ!」

 J1第2ステージ2節のG大阪対仙台戦、G大阪のGK東口順昭に“まさか”のミスが生まれたのは54分だった。
 
 仙台のCK、キッカーは梁勇基。ボールは中央に送られ、両軍が激しく競り合うなか、ハモン・ロペスが頭で合わせる(この時、R・ロペスはマークする米倉をプッシュしており、ファウルの疑惑も)。シュートはワンバウンドし、GKの正面に飛んだ。
 
 なんの変哲もないシュートだった。決して強烈だったわけでも、強烈なスピンがかかっていたわけでもない。GKの正面でワンバウンドしたとはいえ、身体の正面でキャッチに行けば難なく取れるような球筋。ところが、その時に“まさか”は起きた。
 
 東口は胸の前に来たボールを両手でキャッチにかかる。しかし、わずかに目測を誤ったのだろう。キャッチしたはずのボールは手をすり抜け、自身の左脇の方向へ逸れてしまう。すぐさま身体をねじってボールを拾いにかかるが、時すでに遅し。そのまま自陣のゴールに吸い込まれた。
 
 がくりとピッチに倒れ込む東口。G大阪の選手たちも肩を落とし、頭を抱え込んだ。この時、大失態を犯した守護神に声を掛けたのが、CBの丹羽大輝だった。
 
「OK、OK。次、行こうぜ!」
 
 東口を励ますように、そしてチームを鼓舞するように周囲に語りかけたという。その場面について、丹羽は「ヒガシと苦笑いしながら、そんな話をしていた」と振り返り、さらにこう続けた。
 
「だって、下を向いていてもしょうがないですから。サッカーはミスのスポーツなので、誰がヒガシを責めるわけでもない。今日も再三、コーチングをしてくれていたし、チームを助けてくれていた」
 
 もっとも、試合の流れは東口のミスを境に変わった。同点に追いつかれたG大阪は、仙台に一層押し込まれる形になり、2失点目の雰囲気すら流れていたのだ。
 
  そうした悪い流れを払拭したのが途中出場のパトリックだった。2ゴールを叩き込み、3-1と完勝。結果的に、東口の“ポロリ失点”は、勝利の良い味付けになったとも言える。

1/2ページ

最終更新:7/10(日) 17:56

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。