ここから本文です

【名古屋】残留への救世主となるか? 上々デビューの扇原が覚悟の移籍に「思ったことはどんどん言いたい」

SOCCER DIGEST Web 7/10(日) 8:00配信

芸術的なロングフィードにはスタンドから感嘆の声が。

[J1・第2ステージ2節]名古屋 0-3 川崎 7月10日/パロ瑞穂

 川崎に0-3の完敗を喫した名古屋は、当面のライバルとして順位を争っていた新潟に勝点でリードを許し、ついに降格圏の16位へと転落した。
 
 不甲斐ないチームの出来に観客席からはブーイングが飛び、小倉監督は試合後、「完敗ですね。力負けという試合です」となんとか声を絞り出す。
 
 名門チームが過去にない危機に瀕している。
 
 ただ、指揮官が力負けを認めた試合で輝くモノもあった。それは移籍加入し、先発デビューを飾った扇原とハ・デソンのプレーだ。特に扇原は「大きな展開を何度か見せてくれた」と小倉監督が語ったように、正確なロングフィードを幾度も披露。もともと正確なキックが持ち味の選手ではあったが、この日は通常よりも非常に精度が高かったように感じられた。
 
 6分、12分には味方を走り込ませる裏へのボールを見せると、16分には右サイドをオーバーラップした矢野にピタリと合うパスを通し、19分には今度は左サイドの野田の足もとへキッチリ収まるボールを送る。野田がトラップをした瞬間、その芸術的なパスに観客席からは感嘆と拍手が起こった。
 
 中学時代からC大阪の育成組織で育った扇原はクラブの未来を担う存在だった。しかし、チームがJ2で戦う今季は、新加入した山村とソウザに定位置を奪われ、ハノーファーからの山口の復帰でさらに苦しい立場に追いやられていた。そこで決断したのが愛着のあるクラブからの移籍だった。形態は「退路を断つために」と、レンタルではなく完全移籍。相当な覚悟を持ち名古屋にやってきたレフティボランチにとって、移籍初戦でこれくらいのパフォーマンスを見せるのは当たり前だったのかもしれない。
 
 本人は試合後、自らの出来よりもチームの敗戦を悔しがった。
 
「自分のプレーはある程度出せましたが、チームとしては0-3という完敗なので、勝たないと意味がないですし、勝つためにここに来たので悔しいです。連戦なのでしっかりと気持ちを切り替えたいです」
 

【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

1/2ページ

最終更新:7/10(日) 8:17

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。