ここから本文です

【J1採点&寸評】磐田×大宮|両外国籍FWが一撃ずつ。MOMは好機の起点となり続けた高速ドリブラー

SOCCER DIGEST Web 7/10(日) 18:08配信

磐田――セカンドボールをよく拾い続けた宮崎、攻撃の推進力となった川辺。2ボランチが輝く。

【チーム採点・寸評】
磐田 6
立ち上がりから激しい攻防となった前半、相手の攻撃を潰しながら攻めたが堅守を破れず。後半、攻守の切り替えの速さを上げ大宮を押し込むなかで、65分にジェイのヘッドで先制。しかし、終盤はカウンターを何度も浴びて失点。勝点2を失った。
 
【磐田|採点・寸評】
GK
31 志村 滉 6
キックやスローに危うさが見受けられたが、プレーに迷いがなくセービングは安定感あり。クロスやCK時にも積極的に前に出た。
 
DF
2 中村太亮 6
対峙した相手選手と丁々発止。圧力を受けながらも下がらずに高い位置取りで好守備。クロスの精度はいまひとつ。
 
44 パパドプーロス 6
泉澤のスピードについていけずあっさりかわされることが多かったが、最後まで走り果敢なアプローチやインターセプトをみせた
 
3 大井健太郎 6
ラインを統率し、ピンチの場面でよく身体を張った。終盤はカウンターを浴びてバタついたがラストパスやシュートをブロック。失点場面だけが間に合わなかった。
 
35 森下 俊 6
ゴール前での対人の強さだけではなく、インターセプトなど積極的なディフェンスが目立った。失点後の決定的場面もシューターの前で防いだ。
 
MF
13 宮崎智彦 6.5(84分OUT)
セカンドボールをよく回収しては的確にさばき、自陣のスペースをいち早くカバー。目立たないが磐田の攻守を支えるプレーを続けた。得点も宮崎のワンタッチパスが起点。
 
40 川辺 駿 6.5
シュートを打てる場面も何度かあったが、フリーでパスを受け、前を向くプレーで攻撃の推進力に。ディフェンス面でも効果的な位置取りが光った。
 
9 太田吉彰 6
カットインは少なく、縦に突破を仕掛けクロスを上げる本来の持ち味を発揮。後半序盤は泉澤を押し下げた。
 
4 小林祐希 5.5(71分OUT)
悪くはなかったが、2トップに絡み彼らを活かすという役割の遂行度は低い。ボランチの前での守備は効いていたものの、71分にベンチへ。
 

【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

1/3ページ

最終更新:7/10(日) 18:08

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。