ここから本文です

【広島】“魔の3分間”に呑まれた大魔神・林。「この悔しさは勝っていくことでしか晴らせない」

SOCCER DIGEST Web 7/10(日) 8:00配信

「(敗戦は)自分のせいじゃないですか。点を取られているんで」

[J1・第2ステージ2節]広島2-4鹿島 7月9日/Eスタ





 浅野拓磨のゴールで1点を返し、反撃ムードに入った矢先のことだった。56分、左サイドを崩され、折り返しに合わせた土居聖真のシュートはバーを直撃。跳ね返ったボールが不運にも林卓人の背中に当たってゴールラインを割ってしまう。さらにその2分後には、遠藤康が放ったミドルシュートを林が前にこぼしてしまい、ダメ押しの4点目を献上した。林にとっては、まさに“魔の3分間”だった。
 
「(敗戦は)自分のせいじゃないですか。点を取られているんで」
 
 広島の守護神は、悔しさを滲ませながら試合を端的に振り返った。
 
 この日は、鹿島の激しいプレッシングに押され、通常であれば最終ラインの3枚でいなしながら前に出て行けるところが、GKが加わらなければならない場面が多かった。鋭いセービングに比べると、足もとの技術は林の課題分野。ビルドアップでバタつき、リズムを崩した結果、チーム全体も悪い流れに呑み込まれてしまった。3-5-2の新システムでボランチが1枚に減ったエクスキューズがあるとはいえ、チームとしての戦い方は間違っていなかったと林は話す。
 
「プレスに来てくれている状況は、つまりどこかが空いているということ。上手く(マークを)剥がした時はチャンスができていたんで、自分たちのやり方を変えるつもりはなかった。プレッシャーがキツいからと言って(前に)蹴っていたら、もっと難しい状況になっていたと思います」
 
 隙を見逃さなかった鹿島のしたたかさは確かに見事だったが、広島としては相手がプレッシャーをかけてくることは想定済み。練習から「もっとキツい設定でやっている」からこそ、また、第1ステージでの対戦も鹿島に1試合・4失点を喫していることも林の悔しさを何倍にも増幅させた。もっとも、中3日で次の試合(柏戦)を迎えるため、下を向いている暇はない。
 
「1点返した後、自分たちにパワーを持って行ければ、チャンスも広がった。同じ相手に2度負けて、悔しいのは当たり前。でも、ここから勝ち上がっていくことでしか、それを晴らせない。次の試合で勝てるように、しっかり努力していきたい」
 
 この悔しさをバネに、昨季リーグ優勝に貢献した“大魔神”の姿を取り戻してくれることを願いたい。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

【アーセナルへ移籍を決めた浅野の連続ゴールPHOTO】

最終更新:7/10(日) 16:58

SOCCER DIGEST Web