ここから本文です

【鹿島】区切りのJ1通算100試合出場で自ら祝砲。「通過点でしかない」のひと言に滲む土居聖真の意地とは?

SOCCER DIGEST Web 7/10(日) 10:00配信

「ウチは『前線から行く』のがチームの形。それが前半、めちゃくちゃハマっていた」

[J1・第2ステージ2節]広島2-4鹿島 7月9日/Eスタ
 
 第1ステージ王者と昨季覇者の対決は、鹿島の完勝だった。石井正忠監督は広島戦のキーポイントとして、「シャドーの選手にどう対応するか」、「3バックの前にいる選手(1ボランチ)に対して誰が行くか」、「どの地点からプレッシャーをかけてボールを奪うか」を選手に落とし込んだという。それが「上手くできた」前半を支えたひとりが、この日がJ1通算100試合目となった土居聖真である。

【広島 2-4鹿島 PHOTO】広島は浅野が2ゴール決めるも…鹿島は前線の4人が揃い踏み





 前線からプレッシャーをかけ、2トップを組んだ金崎夢生や右サイドハーフの遠藤康らと連動してコースを限定。気温25.7℃、湿度83%と蒸し暑さの残るなかでも、「俺とか夢生くんは熱いから(プレスに)行けないとかない」と運動量を維持し、相手のビルドアップを機能させなかった。自分たちのスタイルを変えることなく、広島を退けたことに土居は胸を張る。
 
「他のJリーグのチームは、広島に対して、1回引いてブロックを作ってから、という守備が多いなかで、ウチは『前線から行く』のがチームの形。それが前半、めちゃくちゃハマっていたと思います。相手も蹴って(ピーター)ウタカになんとかしてもらうという感じでしたけど、そこもきちんと潰せていたし、上手く試合に入れたかなと」
 
 前節のG大阪戦に敗れて第2ステージは黒星スタート。最少失点を誇る守備が今季リーグ戦で初めて3失点を喫した衝撃は大きかった。それだけに、土居も広島戦を「負けられない試合」と位置付け、常勝軍団・鹿島のプライドを胸に守備に奔走した。
 
 その“ご褒美”とも言うべきか、広島に1点を返された直後の56分、土居にゴールチャンスが訪れる。左サイドを崩した山本脩斗のマイナスの折り返しに左足を一閃。シュートは一度バーを叩いたが、相手GKに当たってゴールラインを割り、チームにとって貴重な追加点となった。100試合の区切りの試合で自らゴールを挙げる千両役者ぶり。それも、パフォーマンスの充実と静かながらも逞しく漲る自信を考えれば、必然だったと言えるだろう。
 
「100試合出場で“ちゃっかり”ゴールを決めてしまった。前半のチャンスで決められなかった時、今日はないかと思いました(編集部・注/21分、西大伍の縦パスでペナルティエリア内に抜け出すも、シュートは相手GKにセーブされた)。(100試合で)何があるというわけではないですけど(苦笑)、記念にゴールを決められて良かった」

1/2ページ

最終更新:7/11(月) 11:53

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革