ここから本文です

【EURO決勝展望】エース対決が鍵。フランスの3度目の戴冠か、ポルトガルの初優勝か

SOCCER DIGEST Web 7/10(日) 17:42配信

フランスのアタッカー陣は軒並み好調。

EURO2016
決勝
7月10日(日)/21:00(日本時間28:00)/サンドニ
ポルトガル×フランス
主審:マーク・クラッテンバーグ(イングランド)
 
【注目ポイント】
●フランスはグリエーズマンを筆頭にアタッカー陣が好調。
●守備陣はCBにやや不安が。
●ポルトガルはC・ロナウドを活かすため、カウンター狙いか。
●ペペの復帰は何よりの朗報。
 
【試合展望】
 00年大会以来となる決勝進出を決めたフランスに大きな死角は見当たらない。準決勝では世界王者のドイツに2-0で完勝。6ゴールで得点ランクのトップを走るグリエーズマンを筆頭にジル―(3ゴール)、パイエ(3ゴール)などアタッカー陣が軒並み好調をキープしているうえ、GKロリスが最後の砦として君臨する守備陣も試合を重ねるごとに安定感が高まっている。
 
 なかでも頼もしいのは、3試合連続ゴール中のグリエーズマン。ウイングからセカンドトップにポジションを移した決勝トーナメント1回戦以降はまさに水を得た魚で、この大一番でも彼が決定的なゴールを奪えるかがキーポイントになるだろう。
  
 不安があるとすれば、CB。コシエルニーはともかく、準々決勝からスタメンに定着したウンティティはまだ2キャップと経験が圧倒的に不足している。緊張から“ポカ”を犯す可能性もゼロではない。
 
 対するポルトガルも、エースのC・ロナウドがここにきて調子を上げている。ここ一番での勝負強さはさすがで、準決勝では先制点を含む2得点に絡む活躍でチームを決勝に導いた。
 
 EUROの決勝は自国開催の04年大会以来12年ぶり。当時は伏兵ギリシャに敗れて悔し涙を流しただけに、この一戦に懸ける意気込みは人一倍だろう。
 
 C・ロナウドを活かすうえで最も有効なのは、カウンターだろう。クロアチアとの決勝トーナメント1回戦の決勝ゴールのようにボールを奪ってから素早く敵陣に攻め込む形をどれだけ作れるか。それが成否を分ける。
 
 太腿の負傷を抱えていたペペが間に合ったのは何よりの朗報。ビルドアップでの貢献度を考慮しても彼の復帰は大きい。
 
 守勢に回る展開で重要になるのが、アンカーのW・カルバリョの働き。バイタルエリアを自由に動き回るグリエーズマンを捕まえきれないようだと、厳しくなるだろう。両サイドのサンチェスやマリオは中央に絞って、W・カルバリョを助ける役割が求められそうだ。
 
 両チームの対戦成績は18勝1分け5敗とフランスが圧倒していて、1975年以降は10連勝中だ。フランスの3度目の戴冠か、ポルトガルの初優勝か。サンドニでどのような歴史の1ページが刻まれるのか、注目したい。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる”妻&恋人を一挙に紹介!

 

 


 
 

最終更新:7/11(月) 1:02

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。