ここから本文です

「郵便局でスマホ販売」アフターケアに心配

R25 7/11(月) 7:00配信

大手通信会社に比べて、料金が安いことで人気の格安スマホ。家電量販店やスーパーマーケット、レンタルビデオ店などでも販売されているが、8月1日から郵便局でも販売されることとなった。

日本郵便の発表によると、インターネットイニシアティブ(IIJ)のMVNOサービス「IIJmio」の音声通話機能付きSIMカードと富士通のスマートフォン「arrows M03」をセットで販売。岐阜県、愛知県、静岡県、三重県の東海4県の郵便局2050局にカタログを設置し、電話もしくはハガキで申込書を請求して購入する形となり、「スマートフォン初心者や高齢者の方でも容易に格安スマホを利用開始することができます」と謳っている。

今回郵便局で扱われるのはIIJmioの「ミニマムスタートプラン」と呼ばれるサービス。通信料金は月額1600円で、3GBのデータ通信が可能。端末料金は3万2800円で、分割の場合は月々1380円の24回払いとなる。そのほか初期費用として3000円がかかる。

店頭販売ではなく斡旋販売という形で、格安スマホを扱うこととなった郵便局。ツイッターでは、

「日本郵便が格安スマホだすと高齢者も手を出しやすくなりそう」
「目の付け所がいいね。高齢者は郵便局好きだから。ただ、事後のフォローもたいへんだろうと思う」

と、高齢者向けにはいい販路になりそうだとの意見が寄せられていた。

しかし、前述のコメントにもある通り、販売後の“フォロー”において心配だとの声も多い。

「ご老人が購入→使い方がわからないので窓口へ→窓口の人もわからないので、窓口大渋滞の未来が見える…」
「使い方わからんと郵便局の窓口塞がないか心配」

などと、格安スマホのアフターケアを求める高齢者が郵便局に押し寄せてしまう可能性が指摘されているのだ。

たしかに、慣れるまでは使いこなすのが難しいスマホ。特に高齢者がターゲットとなれば、アフターケアもより一層重要となるはず。この点こそが、郵便局での販売における最大の問題となるかもしれない。
(小浦大生)


記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/11(月) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。