ここから本文です

コラーゲンたっぷり!「手羽の黒酢韓流煮」

東京ウォーカー 7/11(月) 10:01配信

健康食品としてすっかり定着してきた黒酢。その効能は多く、疲労回復成分の有機酸・必須アミノ酸が豊富、ビタミン・ミネラルもたっぷりで、美肌にもよい。またうまみ成分であるアミノ酸が多く含まれることで、コクのあるうまみを楽しめる。そんな黒酢を使い、コチュジャンの辛みをプラスした「手羽の黒酢韓流煮」をご紹介。安価な手羽肉を鍋で煮込むだけで完成。酢で煮ることにより肉もやわらかくなり、骨離れがよくなる効果も。合わせる副菜は、優しいマヨ味の「かぼちゃときゅうりのサラダ」や「いんげんとにんじんのマヨごまサラダ」を。汁物は食物繊維がたっぷり摂れる「セロリとわかめのスープ」や「糸寒天ともやしのスープ」をどうぞ。(栄養士・三澤友貴子)

【写真を見る】みんなの大好きなマヨネーズであえて。「かぼちゃときゅうりのサラダ」

【主菜】手羽の黒酢韓流煮(1人分240kcal、塩分1.4g)

<材料・2~3人分>とり手羽先・とり手羽元各4本、ゆで卵2個、煮汁(黒酢大さじ4・コチュジャン、しょうゆ各大さじ1)、酒・みりん各大さじ2、砂糖小さじ1、白いりごま少々、水2カップ

<作り方> (1)手羽肉は皮目と反対側に、骨に沿って切り目を入れる。(2)鍋に手羽肉を入れ、煮汁の材料を入れて火にかける。煮立ったら弱めの中火にして卵を加え、ふたをずらしてのせ、時々上下を返しながら約20分、手羽肉がやわらかくなるまで煮る。ふたを取ってさらに10~15分、煮汁を煮詰めてからめる。(3)卵を半分に切り、手羽肉とともに器に盛る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/11(月) 10:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。