ここから本文です

ひと皿でバランス確保!基本の「ごまだれ冷やし中華」

東京ウォーカー 7/11(月) 11:01配信

6月から8月にかけて旬といわれるゴーヤーとトマトには、豊富なビタミン類・鉄分・カルシウム・ミネラル分・クエン酸・アミノ酸などが含まれている。そのため、むくみ解消・疲労回復・風邪予防・老化防止・ダイエット・美肌作り・便秘解消などの効果が期待できる。そんな夏野菜をたっぷり使った冷やし中華をご紹介。とりささ身も入り、ヘルシーにたんぱく質もとれ、ごまだれでコクもプラス。ひと皿でバランスが取れる冷やし中華で、からだの中から元気を作りだそう。

【写真を見る】麺の茹で上がる30秒前にゴーヤーを加える。茹でると苦味もおさえられ、歯ごたえも残る

【夏野菜たっぷりごまだれ冷やし中華】(1人分531kcal、塩分3.0g)

<材料・2人分>とりささ身…2本、下味・酒…大さじ1/2・塩、こしょう…各少々ゆで卵…1個、ゴーヤー…1/2本、トマト…1/2個、みょうが…1個、中華生麺…2玉、ごまだれ・ポン酢じょうゆ…大さじ3・白練りごま…大さじ2・とりガラスープの素…小さじ1・水…65ml

<作り方>1.ささ身は耐熱皿に入れて下味をふり、ラップをかけて電子レンジで約2分加熱し、上下を返してさらに30秒~1分加熱する。そのまま粗熱をとり、ラップをはずして粗く裂く。2.ゴーヤーは縦半分に切って斜め5mm幅に切る。トマトは1cm厚さの半月切りにする。みょうがは縦半分に切って斜め薄切りにし、冷水にさらして水けをきる。ゆで卵は縦半分に切る。ごまだれの材料を混ぜ合わせる。3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、中華麺を袋の表示どおりにゆで始める。ゆで上がり30秒前になったら2のゴーヤーを加えて一緒にゆでる。ともに冷水にとってざるに上げ、水けをきって器に盛る。1、2のトマト、みょうが、ゆで卵をのせ、ごまだれをかける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/11(月) 11:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ