ここから本文です

焼けたっていいじゃない!日焼け派しか登場しないweb

東京ウォーカー 7/11(月) 22:02配信

美白ブーム全盛期に、日焼け派からのポジティブなカウンターアタック! 「日本を日焼けで、元気に」を合言葉に「日焼けしている人」「日焼けをしてみたい若者」を対象にした、日焼けを推奨するウェブサイトがスタートした。

子どもは楽しめて、親はのんびり日焼け。大規模プール情報も続々

「日焼け」という文化を通じて、一人でも多くの日本人が毎日を楽しく笑って過ごせる世の中を実現させる、という壮大なドリームを背負ってのスタートとなる。

掲載されているのは、日焼け肌が美しい世界の歌姫アリアナ・グランデやハワイ生活を送るモデル長谷川潤を讃えるニュース、楽しみながら日焼けできる国内プール施設インフォメーション、全国の海開き情報など。読み進めるうちに「日焼けしたほうが人生楽しいかも?」と思わされるハイテンションなニュースの数々だ。とくに「日焼けして活躍している人の事例」の提供に力を入れているようでセレブやモデルはともかく、シャープを買収した台湾の「鴻海(ホンハイ)精密工業」経営者の日焼け肌を探る記事も掲載されているほど。

とはいえ鵜呑みにして「日焼け派に転向!」とならないのがオトナ世代の悲しいところ。でもこの天井知らずの明るさとユルさには、夏を過ごす元気をもらえるのは確かだ。子どもイベントでうっかり焼けてしまったらこのサイトから元気をもらって、リアルでは適宜スキンケアに励んでみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/11(月) 22:02

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。