ここから本文です

ポルトガル、開催国フランス下しEURO初優勝! 2004年以来2度目の決勝で栄冠

フットボールチャンネル 7/11(月) 6:31配信

【ポルトガル代表 1-0 フランス代表 EURO2016 決勝】

 現地時間10日にEURO2016の決勝戦が行われ、ポルトガル代表はフランス代表と対戦。エデルのゴールが決勝点となり、ポルトガルが1-0の勝利をおさめた。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ポルトガルのエースであるクリスティアーノ・ロナウドと、得点ランキングトップに立つフランスのアントワーヌ・グリーズマンは、共に先発出場を果たした。しかし、試合開始して25分にC・ロナウドが負傷のため交代するアクシデントが発生。今大会3得点3アシストを記録しているポルトガル主将がピッチを去ることになった。

 前半はお互いに一進一退の攻防が続きスコアは動かず。後半に入ってもなかなか得点が決まらない。57分にはグリーズマンが左サイドからシュートを放つもGK正面となりゴールならず。66分にも左サイドからのクロスをグリーズマンが頭で合わすも、わずかにゴール上に外れた。

 対するポルトガルは80分、ナニが放ったシュートはGKに弾かれたが、再びリカルド・クアレスマがシュートを放つ。だが、惜しくもゴールとはならない。その後もややフランスペースで進みチャンスを作り出すが、ゴールは決まらなかった。結局、試合は前後半で決着がつかず延長戦にもつれ込む。

 108分にはポルトガルがゴール真正面からフリーキックのチャンスを得るも、ポストに弾かれゴールならず。それでも109分、途中出場のエデルが自分で攻め込み豪快なシュートを放った。これがゴール左隅に突き刺さりポルトガルが先制に成功した。

 試合はポルトガルリードのまま終了し、1-0でポルトガルが勝利をおさめている。この結果、ポルトガルはEURO初優勝を果たした。C・ロナウドはベンチでその瞬間を見届けている。EURO2004でギリシャ代表に決勝戦で敗れて以来、2度目の決勝でポルトガルは栄冠を手にした。

【得点者】
109分 1-0 エデル(ポルトガル)

フットボールチャンネル

最終更新:7/11(月) 7:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。