ここから本文です

横浜でピカチュウの夏休みイベント開催 空想科学読本の著者も登場

KAI-YOU.net 7/11(月) 12:27配信

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズの人気キャラクター・ピカチュウをテーマにしたイベント「ピカチュウどきどき夏休みチュウ!」が、7月16日(土)から8月31日(水)にかけて横浜ランドマークタワー・MARK IS みなとみらいにて開催される。

【関連画像をすべて見る】

ポケモンで科学を学ぶ『ポケモン空想科学読本』をテーマにしたクイズラリーや、2015年に上映されたプロジェクションマッピングの再上映などが行われる。

夏休みは横浜で「ピカチュウどきどき夏休みチュウ!」

ランドマークプラザとMARK IS みなとみらいの館内では、「ピカチュウと学ぶ?『ポケモン空想科学読本』クイズラリー」と題し、ポケモンの技や特徴などを通して、科学の不思議を遊びながら学べるクイズラリーを開催。

また、最新巻『ポケモン空想科学読本2』の発売を記念し、著者・柳田理科雄さんを迎えたトークショーやワークショップも行われる。

横浜ランドマークタワーのドックヤードガーデンでは、2015年に上映され好評を博した『「ピカチュウと踊る探検家」~ジャングル遺跡の謎~』をリバイバル上映。

ピカチュウたちがジャングルで繰り広げるアドベンチャーを、プロジェクションマッピングならではの臨場感あふれる映像で楽しむことができる。

そのほか、ポケモンたちと記念撮影ができる「ポケモンスペシャルグリーティング」や、お好みのデコレーションで自由工作できる「オリジナル☆ピカチュウサンバイザー」など、子どもから大人まで楽しめるイベントとなりそうだ。

かまたあつし

最終更新:7/11(月) 12:27

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。